FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

変な譬えだけど、表からも裏からも見てる感じ?でしょうか 

 近年、本屋さんに立ち寄る機会が少なくなったなーと思います。
 街を歩いていても、本屋さんをみかけること自体が少なくなっています。
 昔は毎日のように本屋さんに立ち寄っていた時期もあったのに。
 あのころは、紙媒体が、情報を入手するための主要なツールだったんですよね。

 stockvault-pile-of-books126.jpg

 今は身近にパソコンがあって、ネット上でニュースを知ることが出来るし、欲しい情報に簡単にアクセスできます。
 本は Amazon で買うようになったし。
 珍しい本でも、キーワード検索すれば、オンラインショップで売っているし、売り切れのときには入庫した旨のメールをくれるようになってたり。

 beppu.jpg
      (別府のCDも売っている Amazon 。えへへ)

 でも去年引っ越してきた今すんでいる町は、わりと本屋さんが多いんです。
 引っ越す前は、大阪の都心部に住んでいたのすが、都心部って、大きな「書店」はあっても、生活道路に面しているような小さい「本屋さん」って、ほんとに少ないんですよね~
 だから、いま住んでる町で、街中に本屋さんをみつけると、ふっと立ち寄ってみたりして。
 そこで平積みになってので、買ったのが、この本。

 1427340263869.jpg

 こないだTVで観て、大好きになった映画「舟を編む」の原作です。
 さっそく読み始めたのですが、面白いこと、面白いこと。
 映画版では表現に限界のあった登場人物1人1人の内面が、丁寧に描写されていて、ページをめくる手が止まりません。

      MC900437990_2015032619304285d.jpg

 残りページが少なくなっていくのが、こんなに名残惜しい本は、久しぶりです。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 スプリングツアー情報です。皆様方のお越しをお待ちしております。

 15STチラシ03

 今日の1曲は「死んだ男の残したものは」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 6