FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

愛のミラクル 

 別府は、そのお話を最初に伺ったのは、5カ月ほど前のことだったと思います。
 お知り合いのKさんから、息子さんの結婚披露宴で、1曲歌って欲しいというご依頼があったのです。
 Kさんには、日頃からお仕事の上で大変お世話になっていたし、何よりおめでたいお話でしたから、喜んでお引き受けするということになるはずなのですが…

 このお話、おもわず絶句してしまうような条件が付いていたのです。
 「愛の讃歌」を歌ってほしい。
 ただし、ピアノ伴奏はKさんが弾く。
 Kさんは、全くピアノが弾けないので、これから練習するのだけれど…

     MC900425808_20141118193743c5c.jpg

 一瞬ためらった別府でしたが、ピアノと縁遠いイメージの新郎の父による華麗なピアノ伴奏という、1大サプライズで、若い二人の門出を、思い切り盛り上げてやりたいというKさんの熱意にほだされ、そしてお馴染みのピアニスト鶴ちゃんの「うちが特訓するし、何とかなるけーん」という超楽観的な言葉に背中を押され、結局お引き受けしたわけです。

     MC900424466.jpg

 そして本番の日が近づきます。
 数週間前、そして数日前にも入念な打ち合わせ(というか合同特訓というか)
 そして前日には、入念なリハーサルと、段取りの確認
 「ひ、弾けるようになってきてるし」
 ご家族にも秘密にしたまま、5カ月にわたって積み重ねてきた特訓の成果は、たしかに出ていました。
 あとはもう、サプライズとして盛り上がるように、うまく進んでほしいところね~というところまで進みまして…

 CA390259.jpg

 そして本番。

 10799264_630417023734607_37.jpg

 照明を落とした場内、スポットライトを浴びてKさん、熱演!
 見事、愛の力で、ミラクルを成し遂げました。
 練習中も聴いたことのなかった最高の演奏です。

 CA390261.jpg

 会場内の誰も、ピアノ奏者が新郎の父とは気づいていませんでした。
 (つまりピアノもプロが弾いていると思っていたのですね)
 演奏が終わってから、初めて司会者から、ピアノ伴奏をしたのが、新郎の父であるKさんだったと紹介されたときの会場のドヨメキと盛り上がり。

 10799366_630789503697359_19.jpg

 若い2人には、生涯忘れられない思い出となったことでしょう。
 こういうことに立ち会えるから、歌手はやめられないのだ!



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「愛の讃歌」です。

 

 大阪ライブは12月6日(土)です。是非お運びくださいませ。

 141206チラシ03
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 8