FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ファイト! 

 「あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのや と書いた
  女の子の手紙の文字は とがりながらふるえている」

       MC900425784_20141111214711b6b.jpg

 中島みゆきさんの「ファイト!」の歌詞の冒頭です。
 心えぐられるような一節で、この後も、この曲はショッキングな歌詞が続くわけですが…

 「ファイト! 闘う君の歌を 闘わない奴等が笑うだろう
  ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ」

      MC900423818.jpg

 リフレインされる、さびのフレーズに至って…
 厳しさにくるまれた、何か大きくて熱いものが感じられて、深い癒しが訪れるわけですよ。

 この曲、最近ではCMでも使われていて、多くの方にとって耳に馴染んだ曲になっているのではと思いますが、1983年に発表された曲ですから、なかなか歴史のある曲です。
 別府は、表現力豊かな中島みゆきさんの歌唱で、この曲を聴くたびに、鼻の奥がつんとなってしまいます。

        MC900425804_20141111214712898.jpg

 この魅力的な楽曲は、多くの方にカバーされているようで、Youtubeで探すと、いろいろなカバーバージョンを聴くことが出来ます。
 その中には、本家中島みゆきさんに負けない魅力的な歌声もあります。
 例えば、槇原敬之さん。
 透明感のある力強い歌声で、感情表現はむしろ抑え気味に歌っていらっしゃいますが、その淡々とした歌いぶりが、逆に、深い陰影を浮き彫りにしていて、心に沁みます。

 MP900442505.jpg

 そして圧巻は吉田拓郎さん。
 この方の声は何と表現すればいいのでしょうか…
 声そのものに力があるのです。
 叩きつけるような歌声なのに、ナイーブと呼びたいような細やかな色合いが、この曲の持つ切ないほどの情感と、つよく共鳴しています。

 MP900382751-(1).jpg

 別府、今この曲に挑戦しています。
 どう歌うか、まだ決めかねているところもあるのですが…
 12月の大阪のライブで歌いたいなと。
 ふっふっふ
 ご期待くださいませ。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「サンジェルマンへおいでよ 」です。

 

 大阪ライブは12月6日(土)です。是非お運びくださいませ。

 141206チラシ03
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 13