FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

伝説のドラマにツッコんでみる 

 「3年B組金八先生」
 たいそう有名なテレビシリーズですが…
 2~3年前まで繰り返し、新シリーズが作られていた長寿シリーズでしたねー
 ところで、このシリーズに登場した生徒の中で、最も有名なキャラクターが誰かといえば…
 「加藤まさる」なのではないでしょうか。

 a1180_012521.jpg

 腐ったミカンの方程式、卒業式前の暴力、ですよ。
 シリーズ自体が長く続いたことや、再放送が繰り返されたことなどが相まって、この昭和が生んだ伝説のテレビドラマは、相当広い世代の人々の印象に残っているんじゃないのかと思うのですが。


      MC900419664.jpg


 荒谷二中札付きの番長だった加藤まさるは、「腐ったミカン」として、同校を放り出されて桜中学に転校。そこで武田鉄矢さんが演じるところの金八先生と出会うというお話ですね。
 つい先だって、DVDで「まとめ見」しました。
 涙、涙でしたよ。

 金八先生以下、桜中学の先生たちも含め、登場人物のほとんどは、かなりはっきりとした人間としての弱点や欠点をもっている人物として描かれていますが、そのことが逆に、ドラマのエピソードに様々な陰影や奥行きを与えていて、このドラマを、ご都合主義や、お涙頂戴に留まらない感動的な作品にしているんですよねー
 中島みゆきの「世情」をBGMに使った、あのクライマックスシーンのせつなさったら!

 shu.jpg

 ところでですね、別府、実は、あのドラマの中で、1つ秘密を発見したのではないかと思うのですよ。
 ふっふっふ
 加藤まさるがバイトをしていた暴走族の溜まり場となっていたスナックの店長、彼自身も暴走族のメンバーという想定でしたが…
 荒谷二中の番長グループのメンバーが、この店長と加藤を頼って、スナックにやってくるシーン。
 番長グループのメンバーは、店長に「コウイチさん」と呼びかけていました。
 あれ、この人、そんな名前だっけ?「セイイチ」じゃなかったけ?別府の勘違いかな~と思いながら、そのまま観ていたのですが。
 しばらく後のシークエンスで、今度は、この店長の荒谷二中時代の恩師が、スナックに彼を訪ねてきているシーンがあるのですが、そこでは恩師は、店長に対して「なあ、コウヅセイイチロウよ」と呼びかけます。
 (やっぱり「コウイチ」なんて名前じゃないじゃない!)
 と思った途端に、ピンときましたね、別府。

       MC900429829_201411052158006fb.jpg

 もともと、店長の役名は「セイイチ」だったのに、番長グループのメンバーがスナックにやってくるシーンの台本だけ、何かの手違いで、店長の名前が「コウイチ」になっていた。
 撮影の際には、この間違いに誰も気づかずにスルーされてしまい、後になって、この店長の役名がもともと「セイイチ」だったことに誰かが気づいたのだけど、もう撮りなおしの時間がない(このシーン、実はすごく登場人物が多くて、全員集めて撮りなおするのは、すごく大変そうなのですよ)。
 そのとき誰かがアイデアを出しました。
 「この店長、本名がコウヅセイイチロウって名前だったことにして、ただ後輩からは、苗字と名前をつづめて、コウイチさんって呼ばれてたんだという設定にしませんか」
 「それだ、それしかない」

 どうでしょう、この推理?(笑)



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「愛の讃歌」です。

 

 大阪ライブは12月6日(土)です。是非お運びくださいませ。

 141206チラシ03
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 6