FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

怒ることもある人 

 昔まだ学生だった頃、さだまさしさんのコンサートに行ったときのことです。
 曲が終わる度に、さださんが、ギターを替えているのを見て、ぼんやり、へー、なんか恰好いいな、なんて思っていました。
 自分が弾き語りのライブをするようになった今は、よく分かります。
 あれは、ギターのピッチ(音高)の狂いをなくすために、何本かのギターを準備しておいて、弾き終えたギターを舞台袖に回収しては、次に使う直前にチューニングをやり直してから、さださんに届けていたのですね。

 s114.jpg
 別府も、そういうことをしてくれる優しい後輩が会場にいるときは、そうしてもらえることも!

 ギターを弾く方はご存じのとおり、ギターという楽器、弾いただけでピッチが狂います(温度や湿度の変化にも、すごく敏感に影響受けたりもします)。
 だから、ライブステージで、曲と曲の間に、演者がチューニングをしている光景をご覧になったことのある方もいらっしゃると思います。
 さだまさしさんのように、MC(曲間のおしゃべり)を大切にする歌い手は、これを嫌って、他の人にチューニングをしてもらうのでしょう。

 aw2wh.jpg
      こういうチューナーを使ったりしてね

 エレキギターを使うバンドなんかだと、音を出してもらって曲前のチューニングやったりするのが逆に恰好良いアクセントになっていたりします。
 フォークギターを使う弾き語りの方で、MCをしながら器用にチューニングをしたり名人芸みたいな人もいますね。
 でもスティール弦を使うエレキギターやフォークギターと違って、1本のギターにナイロン弦を含む2種類の弦が使われているクラシックギターだと話は少し違ってきます。
 チューニングはさらに微妙で、より集中力を必要とする作業になってくるのです。

 DSC_4312.jpg

 だから…
 フロントマンとしてステージに立ち
 クラシックギターを使った弾き語りをして
 お客様をもてなすためのMCを精いっぱい努めながら
 なお、ステージ上でチューニングをやる歌手って、ほとんどいないと思います。

 別府ぐらいかもしれませんよ。

 クラシックギターの演奏会ではありませんから、ステージ上の演者が無言で、1人もくもくとチューニングをしているというわけにはいきません。
 わざわざ会場まで足を運んで下さったお客様に、くつろいだ雰囲気で音楽を楽しんでいただくためには、ライブの女主人として、お声かけをする必要もあります。
 その合間に、失礼にならない程度で、すばやくチューニング。
 だから完璧ではないかもしれないけど、なんとか許容範囲になるように。
 結局はバランスの問題です。
 というのが、別府が最終的に辿り着いた考えです。

      MC900429829_2014081716353071d.jpg

 だからライブの後で、聴きに来てくれた仲の良いミュージシャンに「あの曲のピッチが、アレ?って感じだったけど、後は大丈夫だったよ」と教えてもらったり、後から音源を確認して、あ~、やっぱりこの曲はちょっとねー」とか確認して反省したりするわけです。
 反省する点はあるけど、なんとか健闘してるよね、って感じでしょうか(笑)
 ヒヤッとするのは、演奏によるピッチの狂いより、ステージ上の温度湿度の変化で、楽器のピッチが突然狂うなんて緊急事態ですね。

 でもいくら頑張ってても、言う人はいる。ごくごくたま~に。
 したり顔で、チューニングは基本ですから、とかね。
 そんなとき別府は思うわけです。

 できるんなら、あんた、おんなじこと、やってみいや!(ごくつまふう)

 あら、まあ、私としたことが、おほほ


(8月18日12時半追記)

 皆様からいただいたコメントを拝見していて、あれ?っと思って自分の書いた記事を読み返してみて気づいたのですが…
 たしかに、上の記事、別府に対して「ピッチの狂いをなんとかしてほしい」と申し入れたお客様がいた、というふうにも読めますね。
 言葉足らずでした。

 もちろん、そうではありません。
 
 背中から刺した人間がいるのですよ。

 だから怒っているのです。


(8月18日22時 追記) なんかもう、ちょっと面倒になりつつ…

 あの~
 すべてのライブ演奏のピッチはズレています。
 それは、最終的には、完璧にチューニングされた楽器は、この世には存在しないという簡単な事実に起因しているのだと思います。
 逆に言えば、チューニングとは、ピッチのズレを誤差の範囲として許容できる限界はどこにあるのか、という問題に還元されるでしょう。
 そして、この問題の答えは、状況に応じて、聴く人によって、変わっていくはずです。
 チューニングされているか、ズレているか、それは一義的に、客観的には、決めることが出来ない問題なのです。

 これが議論の前提です。

 別府自身は、実際にライブの際、ピッチがズレている(狂いが許容範囲を超えている)と感じるときがあります。
 そういう事態の発生頻度を下げるためには、どうすればよいか?
 1曲終わるごとに、お客様をほったらかして、じっくりチューニングすれば、そういう事態の発生頻度はもっと減るだろうと思います。
 でも、お客様を迎えたステージの主として、MCという形で、お客様をもてなすか(その合間に素早くチューニングするか)、それともピッチのズレを減らすために、1曲ごとに、もくもくとチューニングに励むか、という問題に直面したとき、別府は、前者を選んでいる、そういう話をしています。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「三つの小さな音符」です。

 

 東京コンサートは9月5日です。是非お運びくださいませ。

 2014市ヶ谷A4F02
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 17