FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

コム・ダビチュード いつものように 

 男は物流関係の会社でデスクワークについている会社員、40歳をいくつか過ぎている。
 女は30代半ば、いまは友達のブラッスリー(手軽なレストラン)を手伝っている。
 知り合ったきっかけは、気乗りのしないイベントに、友人に誘われて参加したもの同士、これいつから面白くなるのかな?と声をかけて笑いあったときから。
 パリ郊外のアパートで、一緒に住み始めたのは4年前のことだった。

 a0800_000057.jpg

 どこに行くのも、何をするのも、一緒だった2人。
 毎日、その日の夕食をどうするか、出がけに相談するのは2人の日課だった。
 週末には、友人たちを誘っては一緒に出かけ、夜更けに2人でアパートに戻ってくると、お互いの服を脱がすのももどかしく、ベッドの中で狂おしく愛し合った日々。

 MP900431761.jpg

 そのころ彼女が勤めていたブティックが閉店し、急いで次の仕事を探さないでも、しばらくは家事をしたらと話し合ったときが、今にして思えば転機だったのかもしれない…
 彼を送り出した後、コーヒーを飲みながら、その日1日の計画をぼんやりと考え、1日を過ごした後、夕方に彼を迎える日々。
 2人だけの夕食、代わり映えのしない光景、やがて2人は、お互いに話し合いたい話題が、ほとんど見つからないことに気がつく。

 MP900423030-(2).jpg

 やがて彼女は、友達に頼まれて、ブラッスリーの仕事を手伝うようになった。
 少しずつ、当てにされてブラッスリーの仕事は忙しくなり、彼女の帰りは遅くなる。
 彼が、彼女の帰りを待たずに、ベッドに入るようになったのは、いつからだったろうか…
 彼女が、彼のために朝食を整えるのを止めたのと、どちらが先だったか、2人とも、もう覚えてはいない。

 Comme D'habitude
 いつものように…

 この曲の歌詞のイメージから、思いつくままに、別府が気ままに作ってみたお話でした。

 claude_fran.jpg

 この“Comme D'habitude”(コム・ダビチュード)という曲、1960年代、当時のフランスの人気歌手 クロード・フランソワが歌った、彼の代表作です。
 そしてこの曲に、およそイメージの異なる英語詞をつけたのがポール・アンカでした。
 その後、フランク・シナトラの歌った、この英語詞のカバーヴァージョンは世界的な大ヒット曲となりました。
 そして何人もの歌手が、その曲“My Way”をカバーすることになったのです。

 今日は、原曲に日本語訳詞をつけた別府のカバーヴァージョンを聴いてみてください。

 


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 1896743_511909732252004_1454039300_n.jpg

スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 15