FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

別府の考え(最終話) ~ シャンソンとは ~ その15 

 しばらく続けてきた「シャンソンとは」のシリーズですが、今回で一区切りをつけたいと思います。
 2日に1本のペースで、これを書き続けるのは、ちょっとくたびれます。
 ここ数回、そろそろ一区切りをつけたいと考えて、別府の言いたかったことをまとめに入ってからが、特に大変でした。
 筆が進まない(笑)
 気ままに書き進めるのではなくて、言いたいことをまとめるという作業の難しさはもちろんのこと、さらにここでは、シャンソン界の好ましくない現状について触れざるを得ないという気の重さもあったのです。

     MC900423165.jpg

 昭和の時代に銀座にあって、何人もの著名人が出入りし、数々のシャンソンスターを輩出していた日本初のシャンソン喫茶「銀巴里」が閉店し、その歴史の幕を下ろしたのが、1990年(平成2年)のことだそうです。
 それからいったい何軒のシャンソニエ(シャンソンのライブハウス)が閉店してきたことでしょうか。今でも、あ、シャンソンの記事だ!と思って読んでみたら、どこそこの老舗シャンソニエが閉店なんていう記事で、がっかりしたりします。
 シャンソンのライブに足を運ぶ人の数は確実に減っているのです。

 MC900.jpg

 そしてライブ・コンサート会場のお客様の年齢層の高さ…
 シャンソン界にいると、コンサートのご案内葉書を出すのに、名簿から年々、亡くなられた方のお名前が消えていき、葉書の数が減っていくといった悲しい話が、そこここで聞かれます。
 歌手が教室を持ち、コンサートの際には、その教室の生徒さんにチケットを買ってもらい、また生徒さんの知り合いの方にチケットを売っていただいて、集客する、さらに歌手(先生)が何人かで一緒にコンサートを行って、集客の規模を拡大する、他方で発表会など、生徒さん自身にも歌う機会を設ける、といった教室のシステムによって、シャンソン界のライブ・コンサート活動の大半が、なんとか支えられているというのが実情と言ってよいでしょう。
 そしてその生徒さんたちの年齢層もじりじりと高くなっていっています。

    MC900286058.jpg

 シャンソン界は、新しいファンを獲得する力をほとんど失ってしまっていると言わざるをえません。
 何かを変えなければならないのは明らかです。
 何も変わらなければ、シャンソン界は、このままゆっくりと沈んでいくでしょう。
 そして別府は、今その船に乗っているのです。
 変わるための努力をせずに、黙って乗っていたとしたら、それは緩慢な自殺を選んでいるのと一緒だと思います。

 MC900089410.jpg

 往年のスターたちが歌っていたシャンソン、すなわち「主に物語性を重視した人生を描いた歌詞や、聴く者に話しかけるような歌い方が特徴」のフランスの楽曲だけにこだわるのを止めるべきだと思います。
 様々な音楽が求められている時代の要請に応えられるように、フランスの現代大衆歌曲一般の中から、輝きを放っている、様々なジャンルの音楽を自在に選び取っていく柔軟さと積極性を身につけるべきだ、別府は心からそう思っています。
 そして様々な色合いの音楽とともに歌われることによって、往年の名曲もまた、その輝きを一層増すはずだと思うのです。

 MC900441581.jpg

 選び取ったシャンソンを、どのように歌えば、その魅力、その輝きを、人に伝えることが出来るのか…
 その方法は、無数に存在するでしょう。
 訳詞、アレンジ、歌唱、それぞれに無限のバリエーションがあるわけですから。
 その中で、別府は、「原曲のイメージを忠実に再現する」ということにこだわっています。自分が魅力的に感じたものを、人に伝える上で、1番自然な発想だと感じて、そうしているうちに、知らず知らずのうちに、こだわりがより一層深まってきたというところでしょうか。
 もっとも、ある日、突然、ひらめいたーとか言って、全然ちがうスタイルをとってるかもですが…(笑)

 別府には夢があります。
 TVに出たり、マスコミにしょっちゅう取り上げられたりするような、人気者になりたいという気持ちは、実はぜんぜんありません。向いてもいないと思いますし。
 ライブがやりたいのです。
 北から南まで、日本全国各都道府県の街で。

 a0001_001817.jpg

 日本は素敵な国で、どこに行っても立派なホールがあります。
 それぞれの街のホール、それもキャパ300席くらいの小ホール!
 そこに、まあ客席が寂しくないくらいのお客様が集まってくださって、ライブが始まるのです。
 「こんばんは。今年も寄せていただきました。」


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「バラ色の人生」です。

 
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 13