FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

別府の考え ~ シャンソンとは ~ その13 

 シャンソンの定義と言っても、どこかにシャンソンの教科書が売られていて、そこに定義が書いてあるというわけではありません。
 身近で大衆的な文化というものは、学術的な研究の対象にはなりにくいのかもしれませんね。
 ですからシャンソンの定義に、確定したものがあるわけではなくて、いろいろな定義づけがなされています。それらはそれぞれに、シャンソンは、このように定義づけされるべきであるという意見だと理解すればいいのだと思います。

 MC900297567.jpg

 別府は、このブログの「シャンソンとは」シリーズの「その1」で、シャンソンを「フランス語を母語とする国または地域で歌われた、フランス語の歌詞のある大衆音楽」と「他の言語による歌詞を持って作られた曲に、フランス語の歌詞がつけられてヒットした大衆音楽」を併せたものと定義しました。
 これも日本語で「シャンソン」といった場合、その意味は、このように定義するのが適切だと思いますという別府の意見です。

 MC1909.jpg

 では世の中で一般には、シャンソンは、どのように定義されているのでしょうか。
 すご~く大ざっぱに言ってしまうと、2種類に分けられるように思われて(もちろん例外はあります)、それらは、それぞれ次の2つの定義に代表されるように思えます。
1.フランスの歌曲。本来フランス語による歌曲の総称であるが,日本では一般にフランスの現代大衆歌曲をさしていう。(三省堂 大辞林より)
2.フランスの歌謡曲。主に物語性を重視した人生を描いた歌詞や、聴く者に話しかけるような歌い方が特徴。(ヤマハミュージックメディア 音楽用語辞典より)

 MP900341468.jpg

 ここで仮に前者を1説、後者を2説と呼ぶことにしましょう。
 別府の定義は、1説と、ほとんど重なります。
 つまり別府は、「大衆音楽」という言葉を、ジャンルを問わないという意味で使っていて、ポップス、ロック、ジャズ、ブルース、バラード、民謡など、ジャンルが何でも「シャンソン」ですよ、と言いたかったのですが、1説は「フランス語による歌曲の総称」という言葉で、それを指摘しています。
 違いは、別府の定義の方が、「フランス語による」の範囲を細かく明らかにしようとしているところくらいでしょう。
 また西洋芸術音楽史の研究においては「シャンソン」を「中世後期からルネサンスまでの多声歌曲」という意味で使うことがあるらしくて、1説が「日本では一般にフランスの現代大衆歌曲をさすと言っているのは、ここを意識しているんでしょう。

 0091.jpg

 これに対して、2説は、1説よりも、ずっと狭い範囲の曲を「シャンソン」と定義しているようです。
 2説は「主に物語性を重視した人生を描いた歌詞や、聴く者に話しかけるような歌い方が特徴」と言っていますが、これは、別府がいう「シャンソン」の特徴ではありません。
 だって、別府が「シャンソンとは その2」で指摘したとおり、「シャンソンは極めて多彩で幅広いジャンルをもったフランスの大衆音楽全般を指す概念であって、このような幅広いジャンルの音楽に共通する、音楽的な特徴や、文化的な特徴を具体的に指摘することなど、まず不可能」だからです。

 2説が「シャンソンの特徴」と指摘しているのは、1説の立場に立てば、「シャンソンの特徴」ではなくて、かつて日本で「シャンソン」という名前で歌われていた、フランスから輸入されたフランス音楽の中の一部に過ぎない、特定の傾向をもった歌謡曲の特徴に過ぎません。この点は、別府が「シャンソンとは その3」で詳しく説明したとおりです。

 MC900441460.jpg

 別府が思うに、1説と2説との違いは、実は、これからの「シャンソン」が、どうあるべきかという点にかかわる重大な問題を含んでいます。

 (つづく)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「歌い続けて」です。ダリダの代表曲の1つです。この曲、原題を直訳すると「ステージで死ねたら」というすさまじいものとなります。別府の訳詞でどうぞ。

 

スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 5