FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

別府の考え ~ シャンソンとは ~ その9 

 別府が目指しているのは…
 曲の持つイメージを、ありのままに再現することによって、その曲が本来持っている魅力と輝きを伝えることです、というお話まで来ました。
 でも「曲の持つイメージを、ありのままに再現する」って、具体的にはどういうことなんでしょう。

    MC900445118h.jpg

 フランス語の原曲を、オリジナルのアレンジのまま、フランス語で歌う。
 ありうる方法ですよね。
 実際に、別府は、ライブで、そういう形で歌うことがあります。
 文字通り、原曲をそのままに再現するわけです。

    MC900355925.jpg

 この方法、歌い手の力量を問われる方法とも言えますね。
 「オリジナルのアレンジのまま、原語で歌う」というのは、オリジナルを歌っている歌手のコピー(模倣)をするということではありません。
 いわば、そのオリジナルの譜面を読み込んで、自分のものとして歌うということです。
 ですから、そこには当然、歌い手の個性というものが反映され、その個性に魅力がなければ、曲そのものの魅力を損なう結果となってしまいます。
 歌い手の力量が問われるというのは、こういうところです。

 a0002_001837_201403160901030ff.jpg

 といった点はともあれ、この方法には、曲の持つイメージを、ありのままに再現するという観点からみて、ハッキリした弱点があります。
 「曲の持つイメージ」というものには、曲を聴いたときに、聴き手の頭の中に、どんな情景、どんなストーリーが浮かぶかという側面が大きいのですが…
 外国語の曲を原語で歌った場合、大抵の場合、多くの聴き手に歌詞の意味が伝わらないという問題があります。
 歌謡音楽が、そのメッセージを伝える上で、歌詞の意味内容と、それ以外の部分とは、車の両輪のような働きをします。
 ですから、その一方が欠けるのは、原曲が描き出している情景の再現という点では、不十分なものとならざるを得ません。

   0012.jpg

 そこで日本語詞(あるいは訳詞)をつけるという発想が浮かびます。
 ところが、そうすると今度は、フランス語と日本語とが全く異質な言語であるために、歌詞を単純に、フランス語から日本語に置き換えるだけでは、原曲のままのメロディー、テンポ、リズムで歌うのが難しくなってしまうという、このミニシリーズその4で指摘した問題が発生してきます。
 この点については、日本語詞を付けた上で、原曲のメロディーを変えずに歌おうと思えば、そう歌えるように日本語詞を付けるしかありません。
 言葉数や、言葉の音数、イントネーションといったものを考えて、歌詞の方を、曲に合わせて調整した上で、音符に割り当てるわけです。
 いわば、パズルみたいに。
 ですから訳詞というのは、ある意味、翻訳とは、まったく別の種類の作業なのです。

    MC900432654-(1).jpg

 でも問題は、それだけではありません。
 フランス人になら、その言葉が意味するイメージが通じるけれど、その言葉を日本語に訳しても、日本人には、そのイメージは伝わらないというケースがあります。
 早い話が「パリ〇区」と言えば、多くのフランス人は、その地区の特徴的なイメージが思い浮かぶと思いますが、大抵の日本人には、ただの外国の首都の行政区の1つに過ぎません。逆に「浅草」と言われて、その固有名詞が喚起させるイメージを理解できるフランス人が、ほとんどいないのと同じことです。
 こういったケースで、原曲の歌詞のイメージを、聴き手に伝えるために、どんな日本語を持ってくればよいのかは、なかなか答えのでない極めて難しい問題となってきます。

 a0002_000804.jpg

 現実には、こういった、いくつもの問題を、一気に解決するために、日本語詞は、しばしば訳詞ではなく、原曲の歌詞の内容とは異なる日本語詞が付されています。
 伝える内容に制約がなくなれば、言葉の選択やあてはめは、ずっとやり易くなりますからね。
 この方法、解決のための1つの方法ではありますが、「曲の持つイメージを、ありのままに再現する」ことにこだわった場合、疑問も残る解決法だと、別府は思います。

    MC900286456.jpg

 ですから、別府の中でも、曲の持つイメージを、ありのままに再現するためには、どうすればよいのかという問題について、正解は見つかっていません。試行錯誤が続いているのです。
 そもそも、正解ってあるのかな…

 (つづく)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「フレディもしくは三教街 ~ロシア租界にて」です。
 原曲を、オリジナルのアレンジまま、原語(日本語)で歌い、歌い手の力量を問われているの図です(笑)

 

スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 22