FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

別府の考え ~ シャンソンとは ~ その8 

 原曲の持つイメージを、ありのままに再現することが出来れば、それだけで曲が本来持っている魅力と輝きは、必ず伝わるはずだと別府は考えています。
 なぜなら、日本には、それを受け入れるだけの成熟した聴き手が存在しているからです。
 成熟した聴き手とは、どんな人たちでしょうか…

 MC900228627.jpg

 ある時代に、特定の音楽が流行するというのは、偶然ではないと思います。
 そのとき、その音楽が多くの人から支持されることには、それなりの理由があるはずです。

 日本の大衆音楽における最も特徴的な音楽の1つである演歌、これがもっとも流行したのは、いつ頃だったと思いますか?
 別府は、それを簡単に調べる方法として、日本レコード大賞で、どの時代に、どんな曲が受賞したかを調べてみました。
 1980年代前半(1980~1984)、演歌は5年のうち4年、レコード大賞を受賞しています。
 1980年代後半(1985~1989)は、レコード大賞こそポップス系に譲っていますが、最優秀歌唱賞はすべて演歌が独占しています。
 そして1990年からは、レコード大賞が演歌部門とポップス部門に分かれるのですが、この分類は1992年までで、その後、演歌がレコード大賞を受賞したのは2度だけです。
 1980年代から1990年代初頭までが演歌が隆盛を誇った時代と言えそうですね。

   MC900299941-(1).jpg

 この時代というのは、高度経済成長の時代が終わり、経済は安定成長期からバブル期を迎え、そしてこれが弾けて崩壊するまでの時期と、ほとんど重なります。
 日本が経済大国化したというだけでなく、その物質的な豊かさが人々の中に実感として感じられるようになり、世相が享楽的な色合いを強めていった時代と言えるでしょう。
 そんな世相、つまり日本が世界をリードしているという実感を感じるような時代が生んだもの、それはまず、日本人であることの自信と誇りでしょう。時代は、日本的なものを当然に求めたはずです。
 そして同時に、物質的な豊かさが生む生活様式の変化、それは西洋的なものへの変化を意味していて、日本的なものが徐々に失われていく日常の中で、その反動のように日本的な美意識、精神性といったものへの渇望のようなものが生まれたとしても不思議ではありません。
 時代は「演歌」だったのです。

   MC900397604.jpg

 翻って現在はどうでしょう…
 2008年以降、昨年までの6年間、レコード大賞をとったのは、たった2つのグループだけ、EXILE と AKB48 とによる独占状態です。
 両者の共通点は… えーと… 人数が多い(笑)
 この状況が示しているのは、楽曲が売れる歌手(グループ)は存在しても、楽曲が売れる音楽(ジャンル)は存在しないということじゃないでしょうか。
 広く支持されている音楽(ジャンル)というものがあるなら、そこから次々、より新鮮な、魅力的な楽曲が登場してきて、レコード大賞の顔ぶれはどんどん変わるでしょうから。

   MC900232386-(1).jpg

 つまり皆が、同じ方向を向いているんじゃなくて…
 1人1人、誰もが、「自分が心から好きなもの」あるいは「自分が本当にいいと思えるもの」を求めている時代なんじゃないでしょうか…
 それを言葉でまとめてしまうなら、趣味と嗜好の多様性を前提とした社会ということになるんでしょうね。
 (あ、だから、どっちも人数多いんだ!)

 MC900441597.jpg

 そこにいるのは、流行を追うよりも、自分が良いと思えるものを受け入れてくれる聴き手だと思います。
 だから別府は思うのです。
 別府は、曲の持つイメージを、ありのままに再現することだけを考えよう。
 それを再現して、その曲が本来持っている魅力と輝きを伝えよう。
 それを受け止めてくれる人たちが、きっといるはずだと。

 (つづく)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「ローズ」です。アメリカ映画「ローズ」の主題歌で、ベット・ミドラーが歌いました。訳詩は別府です。

 

スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 22