FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

別府の考え ~ シャンソンとは ~ 

 たまにはシャンソン歌手っぽい記事を書いてみようかなと思います。
 お題は、シャンソンって何?
 簡単なようで、実はなかなか難しい、シャンソンの定義でございます。

  MC900279226.jpg

 別府の考えた答えは(あくまで個人的見解ですが)…
 シャンソンは大きく2種類に分けることができまして(えへん、えへん)
 1つは…
 「フランス語を母語とする国または地域で歌われた、フランス語の歌詞のある大衆音楽」
 もう1つは…
 「他の言語による歌詞を持って作られた曲に、フランス語の歌詞がつけられてヒットした大衆音楽」
 でして…
 したがって、シャンソンとは、この2つを併せたもの、です。

      MC900424470_2014030121585522a.jpg

 前者の典型は、フランス人がフランス語で作った歌ですね。
 多くのシャンソンが、このカテゴリーに属します。
  「愛の讃歌」
  「バラ色の人生」
  「枯葉」
  「私の心はヴァイオリン」
  「ラ・メール」      などなど

  piaf_20140301215854510.jpg

 このような多くの例があるにもかかわらず、前者の定義を「フランス人によるフランス語の」とせず、「フランス語を母語とする国または地域で歌われた、フランス語の歌詞のある」としたのは…
 一部の地域がフランス語を母語とする、カナダで作られ、そこで歌われて、世界的なヒットとなったフランス語の曲があるからです。
 世界の歌姫セリーヌ・ディオン(カナダ人)が歌ってヒットした「あるビジネスマンのブルース」「ジギィ」などの曲は、やっぱりシャンソンというべきでしょう。

 Map-Francophone_World.jpg
 濃い紺色の地域が、フランス語を母語する人が住んでいる地域です。

 そして「大衆音楽」とは、ジャンルを問わないという程度の意味ですね。
 ポップス、ロック、ジャズ、バラード、民謡 などなど。

     MC900434593.jpg

 他方、後者、本籍はフランス語ではないけれど、フランス語の歌詞でヒットした曲です。
 これらも、実際にフランス語で歌われて、その結果、フランスの歌として多くの人に認識されているという意味で、シャンソンというべきでしょう。
 たくさんの例が挙げられます。
  「オーシャンゼリゼ」
  (原曲は60年代にイギリスで発表されたロックです)
  「ガレリアン(囚人の歌)」
  (ロシアの古い民謡が採譜され、その後、イブ・モンタンが歌って世界的にヒットしました)
  「花の季節(悲しき天使)」
  (ロシアの歌謡曲が原曲で、メリー・ホプキンの歌った英語版とともに、ヴィッキーの歌ったフランス語版も世界的にヒットしました)
  「あまい囁き」
  (ダリダとアラン・ドロンが歌ったフランス語バージョンが有名ですが、もともとイタリアの歌謡曲で、「パローレ」もイタリア語です)   などなど。

 chan01.jpg


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「アムステルダム」。フランス語を母語とするベルギー人、ジャック・ブレルがフランス語で作ったシャンソンです。

 

スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 18