FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

人気 NO.1 「百万本のバラ」 

 「百万本のバラ」は、シャンソンというわけではありません。
 フランス生まれの曲ではないし、フランス語で歌われてヒットしたというわけでもないからです。
 ロシア民謡と紹介されることがありますが、「?」ですね。
 例えば「蛍の光」という曲のルーツは、スコットランドの民謡です。作曲者や作られた時代も不詳のまま、古くからスコットランドで何代にもわたって歌い継がれてきた曲、まさに「民謡」ですね。

      MC900432439.jpg

 でも「百万本のバラ」の場合、いつ誰が作ったか、はっきりしているのです。
 そのルーツは、1981年にラトビアで発表された“Dāvāja Māriņa”というラトビア語の歌謡曲で、作者も分かっています。
 この曲、日本では一般に「マーラが与えた人生」という邦題で紹介されているようです。
 そして歌詞の内容は、強大なロシアに接する小国ラトビアの悲哀を、寓意に込めて歌ったものと言われています。
 ちなみにラトビアって、ここにあります。

 ラト04

 この「マーラが与えた人生」は人気となったのでしょう、翌1982年には、ロシア語版が作られて、当時のソ連で発表され、その後、世界的なヒット曲となったのです。この曲が「百万本のバラ」です。
 そして、このロシア語版で、その歌詞の内容は、初めて、貧しい画家の悲恋ストーリーとなったのです。
 日本で歌われている「百万本のバラ」は、このロシア語版の歌詞の内容を日本語詞にしたものですね。

 画家01

 別府は、この「百万本のバラ」を、松山善三さんの訳詞で歌っています。
 その別府の動画、2012年9月の東京コンサートで歌った「百万本のバラ」の動画が、先日、再生回数1万回を越えました。
 わーい。
 別府の歌う「百万本のバラ」の動画としては、別のバージョンもあって、そちらは既に再生回数2万6000回を超えていますので、この曲の別府動画としては2本目の1万回越えとなりました。
 本当にありがたいことです。
 これも動画を再生してくださる1人1人の皆さま、そして動画をご自分のブログに貼って下さったりして、応援してくださる皆さんのおかげです。

 MC900426040.jpg

 別府は、これまでこの曲を何回歌ったか、数えきれません。
 でも、以前は、この曲が特に人気がある曲だという実感は、ほとんどありませんでした。
 でも動画の再生回数をみると、この曲、別府が歌う曲の中で、どうやら1番人気です。
 そしてライブ会場のCD売り場では「百万本のバラが入っているのは、どれですか」というお問い合わせが増えています。
 このブログにも「百万本のバラを聴いて感動しました」という嬉しいコメントをいただくことが増えています。
 また別府のアルバムを作成してくれているアールミュージックさんにも「別府葉子の百万本のバラのCDが欲しいのだけど」という問い合わせがあるのだそうです。

 ごめんなさい。
 別府がこれまで出した3枚のCDには「百万本のバラ」は入ってないんです。
 「百万本のバラ」のCD、出来るだけ急いで作らないといけないですね…

 



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 23