FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

サボり隊、ヴィンテージものにかこまれる 

 神戸市立博物館を出たサボり隊、次の行き先は和田岬でした。
 「ここからやったらタクシーやな」という土地っ子Fちゃんの勧めに従って、博物館出口のところに停まっていたタクシーに乗車です。

    MC900200159.jpg

 ニコニコと親切そうな、おじいさんの運転手さん。
 サボり隊を観光客と思ったらしくて、いろいろ街並みを説明してくれます。
 「あちらがメリケン波止場。こちらにアメリカ領事館があったんで『アメリカン、ァメリケン』呼んでたんが『メリケン』になったんですね」なんて。
 神戸にあまり馴染みがないのは別府だけなんだけど、SさんもFちゃんも、うんうん頷きながら親切な運転手さんに話を合わせています。いい人たちだよ。
 和やかな雰囲気のなか、10分ほどで和田岬到着。
 サボり隊の目的地がこちらです。

 14s79.jpg

 この倉庫みたいな建物は一体何かと申しますと…
 実は、家具屋さんなのです。

 33s239.jpg

 「北の椅子と」という、ちょっとユニークな名前のお店です。
 取り扱っているのは北欧のヴィンテージ家具、雑貨、什器類などです。
 1階、入ってすぐは、こんな感じ。

 56s61.jpg

 1階は、もっぱら家具ですね。
 アンティークというと、それこそ200年、300年とか、かなり古いものというイメージですが、ヴィンテージ家具というのは、もう少し新しくて、だけどデザインや品質の優れているものというぐらいの意味合いで使われているのだと思います。
 このお店で扱っているのは、半世紀くらい前の北欧の家具ということでした。
 そして2階。

 48s27.jpg

 2階は、机椅子のほか、日用雑貨や什器類がたくさんあります。
 目を奪われるような興味深いものがいっぱいなのですが、サボり隊は、とりあえず2階の一角にあるカフェに直行です。
 うわー

 16s223.jpg

 床、壁、天井に、むき出しの古い木材が使われた室内に、まちまちの机や椅子・ソファなどが、そこかしこに置かれています。そして薄暗い空間を、明るいオレンジ色の照明の灯りが照らしだしているのです。
 子供のころの秘密基地みたい…

 片隅には、濃いコーヒーの香りを楽しみながら、ゆっくり本を読んでみたくなるような、素敵な一角があったり…

 30s209.jpg

 注文をとりに来てくれたマダムに、Sさんが「このテーブルはロイヤル・コペンハーゲンじゃないですか?」「はい、そうです。古いものなので、今は造られていませんが」
 え?そうなんだ。びっくり。
 実は、Sさんは大の家具好きでして、しかも実践派なのです。
 女性ながら、工具とか揃えてて、自分で家具とか造ってしまう!
 このお店を選んだのも、Sさんの趣味に合わせてというところだったのです。

 56s48.jpg

 めいめいケーキなんかも頼んで、お喋りが止まらない…
 だって、ホントにすんごい気持ちのいい空間だったのですよ。

 さらに次回につづく…


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「ラストワルツ」です。コンサートのアンコール曲で歌ったときですねー

 

スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 6