FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

プティ・パパ・ノエル …そして続・列車に御用心 

 気ぜわしい年の瀬に年内に終わらせないといけない仕事に追われていて、ふと気がつくと、知らない間にクリスマスが終わってたりして…
 サンタクロースが来てくれると思っていたのは、いくつくらいまでだったかなぁ。
 けっこう大きくなるまで信じてました。

     MC900418946[1]

 というわけで、今日はいささかタイミングを逃してしまった感はぬぐえませんが、クリスマスの歌を1曲。
 「プティ・パパ・ノエル“Petit papa Noël”」です。
 プティ・パパ・ノエルとは、フランス語で、クリスマスのおじさん、つまりサンタさんのことです。
 フランスでもっともポピュラーなクリスマスソングと言ってよいと思います。

 

 ところで、前回の記事に書いたミステリ短編集「列車に御用心」の中の「苦悩するハンブルビー」のオチが分からないという話ですが…
 どうしても気になるので、追記の方に、別府の解釈を書きます。
 これはちょっと違うんじゃないかという方いらっしゃいましたら、コソッと教えてください。
 今回の「追記」開けていいのは、絶対、次の方のみですよ。ズバリ「ネタバレ」(あるいは間違った「ネタバレ」)ですから。
 1 すでに「苦悩するハンブルビー」を読んでいる方。
 2 「苦悩するハンブルビー」は読んでないが、読む前にミステリの結末を教えられても全然平気だという、ちょっと変わった人。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: 8