FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

もらい泣き 

 オシムさんが泣いています。

 os.jpg

 オシムさんは、別府にとってヒーローです。
 憎悪、怒り、偏見、人間のあらゆるネガティブな感情は、理性によってコントロールすることが可能であり、融和と共存による平和の道は、知恵によって導かれるのだ、という理念を体現されている方だからです。
 敬愛してやまない人物のうれし涙をみるのは、こちらの胸が熱くなるほど嬉しいものです。

 オシムさんの故郷ボスニア・ヘルツェゴビナ、建国21年目にして、初のサッカーW杯出場決定です!

 Flag_of_Bosnia_and_Herzegov.jpg
 今回はじめて知りました。ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗です。

 W杯予選の最終戦で本選出場を決めて、ボスニアに凱旋帰国したスシッチ監督の記者会見での第一声は「残念だが、一部の選手たちはもう招集されないだろう。帰りの飛行機の中で、代表選手としてふさわしくない言動があった」というジョークだったとか。
 その場で、選手たちは歌を合唱して切り返して、大爆笑になったそうですが…

 

 ボスニアの人たちのジョーク好きは筋金入りみたいです。
 冗談にせずに生きるには、現実は過酷すぎるから、かもしれませんが。

 スシッチ監督をはじめ多くの関係者が、まずオシムさんに対する感謝の言葉を述べていたそうです。
 ボスニアが、各民族の代表3人が会長を務めるサッカー協会の会長3人制を咎められて、国際大会への出場資格停止処分を受けたのが2年前。その後、サッカー協会の正常化委員会座長に就任して、獅子奮迅の働きで、処分を取り消させることに成功したのがオシムさんだったからですね。

 os003.jpg
 W杯出場決定記念の特番?スシッチ監督と

 オシムさんの涙をみて、四半世紀前、オシムさんが、当時のユーゴスラビア代表監督を辞任した記者会見のシーンを思い出さずにはいられませんでした。
 それはボスニアの首都サラエボが、セルビア勢力に包囲されたとき、セルビアの首都ベオグラードで発表されたわけです。
 「監督辞任は、私がサラエボのためにできる唯一のこと。思い出して欲しい。私はサラエボの人間だ」

 os002.jpg

 それは、やがてワールドチャンピオンになるはずだったユーゴ代表チームの解体が決定的となり、同時にユーゴスラビアという多民族による連邦国家そのものが、内戦の泥沼を経て消滅への道をたどり始めた象徴ともいうべき事件だったわけですが…

 いまオシムさんは、ボスニアのW杯出場決定を受けて
 「日本がW杯で優勝する以上のものだ。多くの問題が解決できる」と、その喜びを語っていらっしゃるそうです。
 かつて互いに血を流しあった3つの民族が、肩を組み合って、1つの代表を応援する光景が、オシムさんには見えているのでしょう。
 25年のときを経て、哀しみの涙を、喜びの涙にかえた、偉大な人物の足跡を思わずにはいられません。
 オシムさんにとって、特別の縁をもつ2つの代表チーム、ボスニア・ヘルツェゴビナと日本、W杯でも最高の舞台で戦うことを夢想してしまいます。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページ、開設いたしました。よろしくお願いいたします。

 131020P.jpg
 上のチラシをクリックすると、10月20日のライブご案内記事(9月27日記事)が開きます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 18