FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

死神ジョー 

 「ジョー・ブラックをよろしく」
 別府が思うに…
 この映画の弱点は、洗練とか、さりげなさというものが、欠落していることです。
 大げさな演技、コテコテの演出、漫画みたいなストーリー、長さが3時間もあるのもどうかと思うし…
 だからこの映画のことを最高傑作だ、とは思わないですけど、それでも、なぜかとても心に残るお気に入りの作品なのです。

 mjb01.jpg

 この映画も最近、TVで観たので、ネタにしよーって狙ってたんです(笑)

 この作品を観たことがあるという人なら、ブラッド・ピット演じる青年と、美人女医がコーヒーショップで初めて出会うシーンが記憶に残っているという人が少なくないのでは、と思います。
 ブラッド・ピットのとろけるような笑顔、目が覚めるような二枚目ぶり、ほとんど反則レベル!
 そして、その直後、コーヒーショップの前の街角で、2人が別れ別れになっていくシークエンスが印象的ですよね。
 互いに相手に好意を抱きながらも、あと1歩を踏み出すきっかけがなくて、連絡先も交換せずに左右に分かれていく2人。ためらった挙句、相手にもう1度声をかけようと振り向くけれど、遠ざかっていく相手の背中に拒絶されたように感じて、ため息をつくと、また前を向いてしまう。するとその途端、今度は、相手の方が立ち止り、振り返って、数歩、引き返そうとして、やっぱり止めてしまう。こんなあざといほどの演出が繰り返された後、やるせないような目で、青年の背中を一瞬見つめてから、コーナーを曲がって姿を消した彼女。その彼女がいなくなった街角が映し出されるシーンに広がる、切ないほどの喪失感…

 mjb.jpg

 この作品のテーマは分かりやすいです。
 人生は死に至るまでの仮の宿かもしれないが、人生は生きるに値する素敵なものだ。

 死神ジョー・ブラックと奇妙な共同生活を営むことになった大富豪にして辣腕実業家のビル(アンソニー・ホプキンス)は、先だっていった妻の思い出を、ジョーに語ります。
 「彼女のことを思い出さない日はない。…はじめて会ったとき、彼女はブルーのスーツ姿で、白のカラーに赤い縁取りがしてあった…」

    MC900250595_2013101212111386b.jpg

 病院で、死を迎えようとしている老女は、ジョーの正体を見破って、彼に語りかけます。
 「この世の人間も孤独なのよ。でも運がよければ、あの世に思い出をもって行ける。私にもあるわ…」

 人生は死に至るまでの仮の宿かもしれないが、人生は生きるに値する素敵なもの、です。

 MP900430517.jpg


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページ、開設いたしました。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 8