FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

京都探訪(夜編) 

~前回から続く
 昨年の暮れ「もうダメ、ちょっとだけ休ませて」と大阪を出て、京都に脱出した別府のその後は…

 今日は、京都での晩御飯編です。
 京都の古いお店で、鶏の水炊きを食べに行ってきました。

 DSC_1008.jpg

 玄関をくぐった所にいたデッカイ招き猫に、まず驚かされました(笑)
 その先は、いかにも京都らしい作りです。

 DSC_1007.jpg

 細くて長い路地を奥へ入っていくと内庭に出ます。そこから三方に建物があって、それぞれの建物の中に席が設けられているという按配です。

 そして、こちらカミナベと呼ばれていましたが、丈夫な和紙を鍋代わりに使った、鶏の水炊きです。

 DSC_1012.jpg

 紙の下は、鍋の形に太い針金を網の目状に編んだものがあるだけで、和紙を直接、火にかけるのです。
 ひえ~ 燃えないんだ。

 通していただいた座敷には立派な書の額など飾ってありまして…

 DSC_1019.jpg

 でも何て書いてあるのか読めない(泣)
 「明治天皇御製」?
 明治天皇の詠まれた歌ってことみたいですが…

 DSC_1016.jpg

 なんて話をしているうちに鍋も煮えて、器に取り分けていただいたものを頂きます。
 ふーふー
 はぁ~ おいひい、はふはふ…
 くぴー
 はふはふ、くぴー、はふはふ、くぴ…

 最後の水菓子には、干し柿なぞいただきまして。

 DSC_1023.jpg

 えっ、その後ですか?
 えーと、せっかく京都まで遠征して来てるわけですから、ちょこっとだけ、京都の街なかの路地の中にあるお店など経廻りまして。えへへ

 DSC_1028.jpg

 だから、ホントちょっとだけですって(笑)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 5