FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

「1943年3月4日」 

 ふっふっふ
 ネットの通販で買った ZAZ のニューアルバムが届きました。

 DSC_0324.jpg

 ウキウキ~
 楽しみをちょっとだけ先延ばしにする気分で、まだ聴いていません。これからゆっくり楽しむところです。
 CD2枚とDVD1枚の全3枚組。
 全部ライブ盤みたいです。現場の雰囲気が味わえるのが楽しみです…

 題名の“ZAZ SANS TSU TSOU”の意味が分からなかったのですが、解説を読んで納得。若者言葉というか、造語みたいです。ありのままとか、マイペースといった意味に近いみたいですね。

 閑話休題…
 このところシリーズ化しております別府動画。
 今日ご紹介する別府の歌う1曲は「1943年3月4日」です。



 以前、この曲の説明をしたときの別府の文章を少し引用しますね。
 1971年のサンレモ音楽祭で、ルチォ・ダッラ(Lucio Dalla/ルチオ・ダルラ、ルーチョ・ダッラとも表記。パヴァロッティが歌う CARUSO の作者としても有名です)を一躍、人気歌手にしたと言われているイタリアンポップスの名曲です。

 名も知らぬ行きずりの男との間に生まれた子供を1人で育てる港町の少女、彼女は、その子を神様の子供と同じ名前で呼んだのです。ジェズ・バンビーノ!
 イタリア語の Gesu(ジェズ)は英語の Jesus(ジーザス)です。バンビーノは坊やくらいの意味ですかね。

 曲名の“4/3/1943”は、ダッラの生年月日。彼自身のことを歌った曲と言われています。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 5