FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

少し、雰囲気だけでも、ご紹介… 

 「カンガサーラの夏」(「カンガサーラの夏の日」とも呼ばれているようですが…)
 東山魁夷せとうち美術館でのコンサートは、この曲でスタートしました。
 かつて東山画伯が、奥様とお二人で北欧を旅されたときに、フィンランドで、この曲を何度も耳にされて、お二人の思い出の曲になったそうですよ。

 フィンランドは
 「森と湖の国」
なんて呼ばれ方をしていますが、どんな所なのかしら…

 MC900194824.jpg

 以前にも書きましたが、五木寛之さんの古い短編の中で、この国を舞台にした作品があって、その作品を、ずっと、ずっと昔に図書館で読んだ記憶があるんです。
 作品の中で、自分たちの国を「スオミ」と呼ぶ、かの国の登場人物が、日本人の主人公に語りかけるエピソードですが…
 スオミは、ロシアとスウェーデンという2つの強国の間で辛い歴史を辿ってきた国なのだけど、だからこそ私は、ロシアのバルチック艦隊を破った日本が好きなんだよ、みたいな話で…
 い、いつの話ですか、それ?みたいな話なのですが、とても印象的で…

 そんなスオミの民謡を耳コピーで歌った別府の1曲、聴いてやってください。




 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 7