FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

うらなり… そして坊っちゃん 

 漱石の「坊っちゃん」といえば、日本文学史上、読者に最も親しまれた最大のベストセラーと言ってもいいように思います。
 大抵の方が、これまでに1度は手にしたことがある作品なんじゃないでしょうか…
 では、ここで問題です。
 1.坊っちゃんの同僚「うらなり」が転勤していった転勤先はどこ?
 2.坊っちゃんが松山の中学の先生を辞めた後、就いた仕事は何?
 3.坊っちゃんの苗字は?
 3つとも、すぐに答えられた貴方は「坊っちゃん」マニアです(笑)
 正解は、追記にあります。

    002_20110725183049.jpg
 (こちら東京理科大学イメージキャラクターの坊っちゃんです)
 (「坊っちゃん」は東京理科大学の前身「東京物理学校」卒なんですよぉ)

 えへへ、なんで急に「坊っちゃん」の話なんか始めたかと言いますと、最近、小林信彦氏の「うらなり」を読んだのですよ。
 この作品、「坊っちゃん」の作中人物である、うらなりこと古賀先生と、山嵐こと堀田先生の後日譚なのです。
 さほど長い作品ではありません。うらなりから見た坊っちゃんという人間の訳の分からなさ加減とか、面白くて可笑しくて、一気に読んでしまいました。

 yun_3171.jpg

 そして別府は、この作品を読んで、長年の疑問が解けました。
 小学生のころ、別府は、「坊っちゃん」の読書感想文が書けなくて困ったという記憶があります。その理由が何となく分かったのです。
 別府は「坊っちゃん」が痛快青春ユーモア小説だと思い込んでいたのです(なぜ、そう思い込んだのか分からないし、作品を読み終えてもやっぱりそう思っていました)。だから、感想文には、どこがどう面白かったか書こうとして、どうも、どこがどう面白かったのか、よく分からなかったのですね。

 今は何となく分かります。
 主人公の一人称で書かれたこの作品は、坊っちゃんの諧謔に満ちた、伝法で小気味の良い語り口で、読者を、1行目から物語の世界にアッという間にひき込んでしまうのです。でも「坊っちゃん」って、ストーリー自体は、すごく楽しいとか面白いってわけではなくて、むしろ暗いというか、やりきれない所もあるお話でしょう。

 001_20110725183049.jpg

 正義の側(うらなり、山嵐、坊っちゃん)は、悪の側(赤シャツ、校長、野だいこ)が企んだとおり、松山の地を追い払われてしまいます。坊っちゃんと山嵐は、最後、腹立ちまぎれに、赤シャツと野だいこをぶん殴りますけど、それで収支の辻褄があったとは、とても思えません。
 しかも坊っちゃんを誰よりも愛し慈しんでくれた下女の清さんは、最後亡くなっちゃうんですよ(わーん)。
(結局、「坊っちゃん」も読み返したので、詳しいですよ)

 大人になると、子供の頃には気づかなかった、辛いことや哀しいことに気づいてしまったりします…


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: 6