FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

その清々しい姿に… 

 ナデシコは、その美しさを競うような絢爛たる花ではないように思います。
 日本に住んでいれば、どこかで野生のその花を見かけたことがあるような、ありふれた花と言ってよいかも…

 a0960_000872.jpg

 ヤマトナデシコ、カワラネデシコとも呼ばれるそうで…
 恥ずかしながら別府、ヤマトナデシコが、花そのものの名前だなんて知りませんでした。
 この花が、しばしば女性にたとえられるのは「撫でし子」に通じるからなんだそうで…
 それも知らなかったというか、「撫でし子」ってどういう意味?

 その昔、教室で習った下二段活用とかの遠い記憶を探りながら、調べてみました。
 「撫で」は、「撫でる」の連用形
 「し」は、直接体験の過去を示す助動詞「き」の連体形
 「子」は子供で、「撫でる」には「大切にする」「いつくしむ」という意味もあるそうなので…
 「大切にいつくしんだ子供」という意味みたいです、たぶん。

 nj02.jpg

 そんな優しげな風情をもった花の名を付けられたチームが、世界を驚かせるたくましさを見せてくれました。
 別府、超早起きで中継を見ながら、何度も画面が涙で曇りました。
 彼女たちの戦いぶりに感動してしまって…

 日本人であることの誇りで、胸をいっぱいにしてくれた彼女たちに、感謝の気持ちでイッパイです。
 そんな気持ちで、ナデシコたちに捧げます、別府オリジナル曲「夢のあと」です。



 U-17ワールドカップのときは、ブログ記事で応援した途端に、日本代表が負けてしまったので、なんかゲンを担いでしまって、今回は、決勝が終わるまで記事を書けなかったですよ(爆)

 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 6