FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

生涯わすれないコンサート 

 今週、高松でやったコンサートのお話です。
 お客様は5名様だけ。
 コンサート会場は、海を見渡せる素敵なレストランでした。
 伴奏は、ピアノの鶴ちゃんこと鶴岡雅子さん、ベースの浜野光男さんのお2人。

 別府に、このコンサートを依頼された方のお名前を、仮にAさんとしましょう。
 Aさんの奥様は、数年前に病を得られました。長い闘病生活を経て、ようやく奥様が回復されたとき、Aさんは、奥様と2人で人生を生きる喜び、幸せをしみじみと噛みしめられたそうです。
 そこでAさんは、その喜びを与えてくれる奥様に対する感謝の気持ちを、形で示したいと思ったのですね。
 ところが奥様は何も欲しがらない方だそうで…
 高価なプレゼントも、豪勢な食事も、豪華な旅行も。

 そんなとき、人に誘われてご夫妻が行かれたのが、昨年12月に志度カフェ・セゾンで行われた別府のクリスマス・ライブだったのです。
 奥様は別府の歌をたいへん気に入って下さり「この人の歌をもっと聴きたいわ」とAさんにおっしゃられたとか…

 MP900428006.jpg

 この時から始まった別府葉子プライベートコンサート企画でした。
 奥様は、結婚記念日のお祝いに、Aさんと2人で、予約したレストランのランチを食べに行くものと思われていたはずです。
 でもレストランは、この日のために貸切られていました。
 そして、Aさんご夫妻と親しいお友達3人の方々のためだけに、別府葉子スペシャルコンサートの幕が開いたのでした。

 コンサートの後、Aさんが奥様に捧げられた感謝のお手紙…
 読む側が言葉につまり、
 聞く側の涙が止まらない、
 真心という名の宝石がちりばめられて、真実の言葉たちがまばゆいほどに輝いていました。

 MP900400061.jpg

 別府、生涯わすれないコンサートです。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 15