FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

いつものように… 

 さて、先日の記事でご紹介した先週の丸亀 D’s CLUB でのライブの様子。
 いよいよ mo35412 さんが撮ってくださった動画でご紹介していきます。

 特に演奏した順番とか言うわけではなくて、何となく思いついた順番ですが…
 トップバッターは“Comme D'habitude”(コム ダビチュード)です。
 題名の意味は「いつものように」といった意味です。
 でも、題名の意味を説明するより、フランク・シナトラの大ヒット曲「マイウェイ」の原曲ですと説明した方が、ずっと分かりやすいでしょう。

 sinatra.jpg

 ただ曲の雰囲気は「マイウェイ」とは全然ちがいます。
 フランス生まれの原曲では、ありふれた日常の繰り返しに愛の実感を見失い、生活に疲れたまま、すれ違いの生活を続けている男女の気だるい暮らしが描かれているのです。
 主人公たちは、お堅い仕事のサラリーマンをしている男と、酒場暮らしを続ける女でしょうか…
 そんな2人が一緒に暮らすようになった背景にあったはずの、情熱的な出会いと愛が燃え盛った日々が容易に想像できる分、朝、ベッドで眠る女を眺めた後、1人でコーヒーを飲んでから、寒い街にコートの襟を立てて出かける男のやるせなさがリアルに迫ってくるようです…

 MP900403078.jpg

 ライブのとき、ピアニストの鶴ちゃんに譜面を渡した後、ふと思い出して、「そうそう、ブレイクあるから」と伝えました。
 「ブレイク」というのは、演奏の途中でメロディーやリズムを止める空白の箇所のこと。使い方によっては印象的なフレーズを作ることもできます。
 でも、伴奏者には、初めから伝えておかないとね。危ない、危ない。
 この曲では、うまく使えてましたか、いかがでしょう?




 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 4