FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

いまこそ必要な、なにか、なのでは… 

 この半月ほどの間、何度この動画を観たことでしょう。
 そして、その度に、何か熱いものが込みあげてくるように感じられました。

 そう、それは九州新幹線全線開通を祝うJR九州のCMです。
 いろいろな所で話題になっているようなので、ご存じの方も多いかも、と思いますが…

 jr001.jpg

 今年の3月12日の九州新幹線開通をひかえた、2月20日に「祝!九州縦断ウェーヴ」というイベントが行われました。
 この日、九州新幹線全線を駆け抜ける特別列車に合わせて、沿線の特設会場などで、地元の方々が、疾走する新幹線に向かって、ウェーヴ、手を振るなどの、開通を祝う様々なパフォーマンスを繰り広げられたそうなのです。参加者の数は1万人とも2万人とも言われているそうですよ。

 このCMは、そのときの沿線の人々のパフォーマンスを、疾走する新幹線の中から撮影したフィルムを中心に編集された祝賀CMです。

 九州新幹線全線開通の前日の3月11日に東北地方を中心に大震災が襲ったことは、なんと不幸な偶然だったことでしょうか。
 このCMは、公開後ほどなく、その公開が自粛されてしまったとか…
 自粛されたことは、致し方ないことだったと思います。むしろ当然の配慮だったと。

 でも、私は、この動画を観ることで、震災後の重く引き攣れたような自分の心に、たくさんの光が射し込んだように感じました。
 きっと、この動画を観た、たくさんの人が、私と同じように感じたのではないかと思っています。

 この動画には、未来に向けられた明るい希望が、みち溢れています。
 半世紀ちかく前、東京オリンピックの年に開通した東海道新幹線を、当時の人たちも、同じように、喜び祝ったのではないかしらと思わせるような、輝きに満ちています。

 hikari.jpg

 もちろん敗戦後の苦難の時代を経て、高度経済成長の時代を迎えようとしていた、東海道新幹線開通の時代と、経済成長に伴う様々なデメリットと矛盾を知ってしまった現在とを、同様に語ることはできないのでしょう。
 でも、夢の超特急がつなぐものは、単なる利便性や経済性だけではないはずです。
 皆、新幹線がつなぐものが、それだけではないことを信じているのだな、この動画を観ると、痛いほど、そのことが感じられます。

 心とか、想いとか、希望とか、うまく、きちんと言葉に当てはめることはできないけど…
 そういった、何かすごく大切なもの…
 そんなものをつないでいるのですよ、きっと。




 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 8