FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

いつかまたスタンドで美味しいビールを飲むために… 

 プロ野球セリーグの開幕時期を巡っての混乱が続いています。
 とても残念です。

 スポーツの持つポジティブな面、健康的で、さわやかで、力強くて…
 これを行うものにも、応援したり観戦を楽しんだりするものにも、みな、明るくて前向きな気持ちをもたらす、その活力。

 MC900217606.jpg

 プロ野球は、スポーツの持つ、そんなイメージを、今回のゴタゴタで自ら傷つけているように思えます。

 当初、セリーグが、3月25日開幕という方針を維持しようとした基本的な理由には、一定の合理性が感じられました。
 震災で、日本がダメージ(経済的側面も含め)を受けたときだからこそ、企業の業務としての経済活動は、出来る限り遂行すべきだという考え方です。プロ野球の興行1試合がもたらす経済効果は、その周辺への波及効果も含めて大変大きなものだと思いますし…
 それに何より、この考え方は「いま私たちが、まずなすべきことは、目の前にある自分の仕事、自分の役割を、いつものようにきちんと果たすことだ」という、今回の震災を前にして、被災地以外にいる多くの方々が感じた、健全で常識的な発想、その延長線上にある発想のように思えます。

 しかしながら、そのセリーグの方針が、多くの反発を受け、また行政からの指導を受けることになったことも事実です。
 そして、そのような反発の根本にある理由は「いまなお、何十万人もの方々が、避難所でのギリギリの厳しい生活を強いられ、また被災地を救助するために、多くの人々が身を挺して働いているときに、プロ野球のように娯楽性の強い大きな興行を行うことは不見識ではないか」という、セリーグ側の発想とは全く別のレベルから発した、これもまた、ごく常識的な疑問だと思います。

 MC900285836.jpg

 たしかに、全く異なる次元にある2つの発想の優劣の比較は、もともと困難でしょうし、まして、それが「世間の常識」といった、その実体が不確かで、曖昧なものを、判断の基準とするとき、判断は、とても難しいものだったと思います。

 でもいま、「関東方面の電力不足が明らかで、節電が強く求められている、このときに、ナイターなどによって多くの電力の消費を伴うプロ野球の実施は当面、避けるべきだ」という極めて明快で、しかも誰もが納得しやすい論理が多方面から語られている実情をみれば、世間の「常識」が、結果的に前出の2つの発想のうち、どちらを是とする方向に傾くであろうかは、すでに明らかな情勢になっているように感じられます。

 MP900399428.jpg

 別府は、スポーツを愛する1人の市民として、セリーグが、自らの宝でもあるプロ野球のイメージを損なわないために、開幕時期をさらに後にずらして、パリーグとの同時開催とするという方針を、速やかに打ち出して欲しいと願っています。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 6