FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

カウチポテト三昧 

 別府は、いま小さな幸せ状態です。
 志度音楽ホールでのふるさとリサイタル、そして別府葉子シャンソン教室発表会と続いた大きなイベントが終了して、しばしストレスから解放され、夜ともなれば毎日のようにカウチポテトしたりしています。

 a0001_002884.jpg

 そんなときに観るDVD、現在のマイブームは…
 向田邦子さん原作の一連の作品群なのです。
 中心となるのは「向田邦子新春スペシャル」と銘打たれて、1985年から2001年まで毎年、お正月のスペシャルドラマとして放映されていた、TBS製作のドラマですが、これは昔、CS放送でまとめて放映されていたものを録画しておいたものです(こまめな女、別府)
 あと映画化されたもののTV放映を録画しておいたり、ビデオ化されたドラマものの中古をネットで購入したりしたものも幾つかありますね。

 そういうものを毎晩1本ずつ観ながら、ポテチ(こだわりの塩ですよ)をアテに、バーボンのロックをちびちび飲ります。
 1本見終わると、まだまだ残っているDVDを眺めながら「うふふ、まだこんなに残ってるわ」なんてほくそ笑んだりして…
 至福だわ(笑)

 mkuni.jpg

 この人は、なぜ人間の心の在り様を、こんなに良く知っているのかしら?
 こんな短い場面に、人の心の奥の深淵をチラッと覗き込ませるようなエピソードを盛り込むなんて、一体どうやったら思いつくのかしら?
 別府にとって、向田邦子さんって、こんな感じの方ですね。

 DSCN0685_20110306155312.jpg

 1981年の飛行機事故で亡くなられているので、彼女の新しい脚本のドラマを観たり、新しい小説やエッセイを読むことは出来ません。
 亡くなられたときは、まだ51歳だったそうです。
 もし、向田さんが今もご健在だったら、一体どんな作品を作られたのかしら?
 見果てぬ夢ですねェ…

 なんだか向田さんの作品のお話、もう少し書きたいので…
 この記事、明日に続く、です。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: 2