FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

TONIO 

 ピエール・バルーという名前をご存知でしょうか。
 フランスのミュージシャンであり、俳優、プロデューサー etcという多才な人物です。
 ブラジル音楽のボサノヴァをフランスに広めたシンガーソングライターとして彼をご存知の方も、映画「男と女」に出演していた役者として、彼を知っているという方もいらっしゃるかと思います。

 日曜日の別府葉子シャンソン教室発表会で、別府が歌う2曲のうちの1曲が、このピエール・バルー作詞の「トニオ」“TONIO”です。

 ichigo.jpg
 (「トニオ」収録アルバム“ICHI GO ICHI E"のジャケットより)

 バルーは、フランスでチリから亡命してきた演出家、オスカー・カストロと出会って、いくつもの作品を共同制作しているのですが、この「トニオ」は、カストロが主宰する劇団、テアトル・アレフが演じた「バルパライソの殺人」のテーマ曲だったようです。
 実は、この作品、ワールドカップでオウンゴールを犯してしまったコロンビアのサッカー選手が帰国後に射殺されるという非日常的な悲劇に題材をとったものです。

 発表会では、聴いてくださる皆さまに物語を追っていただけるよう別府の訳詩をつけてお送りします。
 ラテンの香りがかおる軽快なリズムの中に宿った不吉な運命の物悲しさをお伝えできるでしょうか…

  TONIO これは とっても まずいよ
  何か 起こる こわいよ 夜明けまでの間に
  TONIO これは ほんとう まずいよ
  何か 絶対 起こるよ 気をつけてくれ!

 00432939.jpg

 そして発表会で歌うもう1曲は…
 しばらく前の記事で動画をご紹介させていただいた「アムステルダム」です。
 動画で聴いてくださった何人もの方々から感想やコメントをいただいたこともあり、しばらくぶりにステージで歌わせていただきます。
 (「アムステルダム」のご紹介記事はこちらです。

  2011年3月6日(日)
  第15回別府葉子シャンソン教室発表会
  会場:アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)小ホール
  13:30開場  14:00開演
  司会・総合指導 別府葉子
  入場無料

 それでは日曜日にたくさんのお客様とお目にかかれますように。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 4