FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

ホームベーカリー 

 「ホームベーカリー」という言葉から別府が連想するものとは…
 例えば、こんな感じですよ。

 00297479.jpg

 お家でパンを焼いてくれる優しいお母さん、って感じでしょうか。
 なんか、そのまんまってイメージではありますが…

 ちょっと変わった連想かもしれませんが、別府には、こんなイメージもあります。

 hotsando.jpg

 これはホットサンド焼き器って言うんでしょうか。
 今も売られていますね。

 亡くなった父は、普段は料理とかは、しない人でした。
 ただ休日に母が所用で出かけたおりなどに、幼かった私たち子供たちのために食事を作ってくれることがありました。

 a0006_000961.jpg

 いわしの蒲焼の缶詰ってあるでしょう。あの蒲焼を熱々のご飯の上にのせて、缶の中のタレをかけまわしたのもの。ご飯の上に豆腐を置いて醤油をかけただけのもの、「豆腐をな、お箸でグチャグチャにしながら食べてみ、美味しいぞ」
 ホントだ、美味しい!
 料理とも言えない料理でしたけど、思い出の中の父の味です。
 ホットサンド焼き器で焼かれたホットサンドも、そんなラインナップの1つ。パンの間には昨日の晩御飯のおかずの残りが入ってたりして(笑)

 話は随分遠回りしましたけど「ホームベーカリー」と言えば、これみたいですね。

 bake.jpg

 別府は持ってないのですが、実際にこれを使って自宅でパンを焼いている方のお話だと、すごく美味しく焼けるみたい。
 ちなみに上の写真は、パナソニックのホームベーカリー、商品説明に本格フランスパンも焼けるってあったので心惹かれてしまいました。

 欲しいなぁ…
 でも、そんなしょっちゅうは使わないだろうし、贅沢かな…
 悩みどころですよ。
 でも「ホームベーカリー」という言葉が別府に連想させる少し甘酸っぱい思い出のイメージが、別府にこれを買わせてしまう日がきそうな予感も…(笑)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 6