FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

「音楽あふれるカフェにて "Flambee montalbanaise"」 

 先日の東京コンサートの動画ご紹介第2弾です!
 今日ご紹介させていただくのは、偉大なアコーディオン奏者ギュス・ヴィズールの名曲「音楽あふれるカフェにて "Flambee montalbanaise"」です。

 演奏者の方々は、皆さん、この曲がとても好き。
 テンポが速く、流れるようなメロディーを繰り返す、この曲を弾きこなすことには生理的な快感があるみたいですね。
 でも歌手の方は確実にヘトヘトになります。
 何しろ猛スピードで、僅か2小節の間に2オクターブを越える音域を行きつ戻りつしないといけないんです。
 そんな別府のヘトヘト振りが見所聴き所の1つ目ですかね。
 もともと、この曲はインストゥルメンタルの曲として作られたもので、作曲したギュスも「まさか歌おうとするヤツがいるとは思わんかったわい」と思ったかも。
 いつの間にやら歌詞をつけてしまった人がいて、そしてまた、それを歌おうとする人がいて… 
 あっ、私のことか。

 見所の2つ目はピアノ上田裕司、ヴァイオリン会田桃子、ベース奥田稔という日本屈指のタンゴ奏者の面々が、このミュゼットの名曲を見事に弾きこなし、さらにソロパートを実にイキイキと楽しんでいる様子です。
 この組み合わせで、この曲、別府のコンサートでないと観れないシーンですよ。

 それではどうぞー!

 

 う~ん、近所の商店街の店で買ったフツーのカーディガン(別府着用)、悪くないじゃないですか。
 別府のステージ衣装は実はすごく安いという噂…
 本当です。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 4