FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

「冒険者たち」 

 最近「前の日からお題をもらって」みたいな記事が多くなってます。
 そういうときは記事を書いてるうちに色んな連想が浮かんできて、そうだ、明日はこのネタだなーって、前の日にもうネタが決まってるんですよね。
 実は今日の記事もそう。

 「夏休み」の記事を書きながら、大人にも夏休みほしいよね~と考えてるうちに思い出した映画がありました。
 「冒険者たち」
 主演 アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、そしてジョアンナ・シムカスというフランス映画です。
 いま調べてみたら何と1967年の作品。ひえー、40年以上前ですよ。

 B01.jpg

 映画をご覧になってない方のために言っておきますが、「夏だし、みんなでどっか行こうよ」とか言ってドロンたちがバカンスに行くという話ではありません(あたり前か…)。
 希望、夢、挫折、冒険、宝探し、友情、恋、活劇、別れ…
 「青春」という言葉から連想されるファクターがてんこ盛り状態で盛り込まれた青春映画です。
 すごく正直に言うと「漫画みたいなお話」の作品で、なんだか素人っぽい雰囲気さえ感じさせる部分もある映画なんですけどね。
 でもこの作品は多くの人に語り継がれる「名作」の席に、その名を連ねているみたいです。
 別府が思うに、この作品を多くの映画ファンにとって思い出深いものにしている理由はズバリ!
「青春に対するノスタルジックな憧憬をヴィヴィッドに描き出し、観る者の胸に青春時代の甘い疼きを切なくかきたてるから、臆面もないほどに」です。
 別府なんか、テーマ曲聴くだけでちょっとジーンとなりますもん。

 B02.jpg

 ただ別府にとって、この映画は今も1つ謎を残したままなのです。
 アラン・ドロンとジョアンナ・シムカスが、それぞれ誰を好きだったのかはよく分かります。でもリノ・ヴァンチュラが好きだったのは、ホントはどっちなの?


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 4