FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

久美ちゃん 

 誰かと一緒のときは、たいてい人の話を聞いてニコニコ笑っている。
 話すときは少しゆっくりで穏やかな口調、ともて嬉しそうに話をしてくれる。
 いつも相手を思いやっていて、人を責めたり、人の悪口を言うのを聞いたことがない。
 ときに天然ぶりを発揮して、周りを和ませたりもする。
 でも、彼女が作ったものをみれば、彼女がとても賢くて、才能にあふれた人だとよく分かる。
 冨田久美子さんは、そんな人です。
 そして彼女が作ったのが、こんな本です。
 「もめんで楽しむおしゃれ着物」 2003年12月
 「もめんと麻のおしゃれ着物」  2007年10月 いずれも二見書房より出版

011.jpg

 中には、こんな可愛い着物のコーディネイト写真なんかがいっぱいです。
 よそ行きで窮屈で高価というイメージを着物にもっていませんか?肌になじむ木綿や麻の親しみやすさを日常の中に取り入れる、そんな普段使いの着物の楽しさ、古くて新しいおしゃれを楽しんでみませんか、という彼女のメッセージが、じんわりと感じとれる素敵な本です(何を隠そう、我が家のリビングには、いつも置いてあります)。
 手にとってパラパラするだけで、ほのぼのしてくるのは、彼女が人に何も押し付けようとはしない人だからかも。
 私より少しお姉さんだけど、ついつい「久美ちゃん」と呼んでしまいます。
 久美ちゃんは高松からweb shop「kimono gallery晏」を発信しています。こんどのコンサートで高松にいる間に、またゆっくり会えたらいいなー
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 3