FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

どんと神事 

 今日は、2月15日の訳詩コンサートのリハーサルでした。
 出演者も裏方も、関係者一同が揃って、進行の確認と打ち合わせです。
 舞台監督の別府も行ってきましたよー
 まあ、舞台監督と言っても大したことをするわけじゃなくて、進行を妨げるようなアクシデントが起こらないように舞台裏で注意する人、くらいの感じですね。

 そして、本日、リハに出向く前に立ち寄りましたところがこちらです。

 DSC_2790.jpg

 大阪天満宮でございます。
 ちょっと逆光で撮ってみたりして…
 そして、こちら天満宮で、行われていたのが「とんど神事」でした。

 DSC_2787.jpg

 松の内も終わって、片づけた、しめ縄などのお正月のお飾りを焚いて、1年間の無病息災、家内安全をお祈りするという行事ですね。

      MC900223133[1]

 (すました顔で解説している別府ですが、実は、これを「とんど神事」「とんど焼き」と呼ぶと知ったのは、わりと最近なのです)

 DSC_2784.jpg

 「一年間よろしくお願いいたします」
 なんというか、お正月のお飾りを、用事が済んだら捨ててしまうのではなくて、きちんと始末するという日本人の心遣いみたいなものが、清々しくて気持ちいいですね。

 DSC_2791.jpg

 なんて思いつつ、天満天神繁盛亭の前を通って駅に向かいます。
 可愛らしくも華やかな飾り付けがおめでたい感じで、明るい1年を予感させてくれました。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

[edit]

trackback: -- | comment: 2

正月風景 

 穏やかなお正月です。
 良い天気で、寒すぎることもなく。
 こんな穏やかな1年が続くといいですね。

 2m29s101.jpg

 テーブルには葉牡丹を使ったお正月らしいアレンジメントを飾ってみました。
 下に敷いているのは、暮れに京都で買ったテーブルセンターです。
 お祝いごとのときにしか使えないけど、すごく綺麗だったので思い切って買いました。実際に使ってみると、想像したとおり、とても華やかで心が浮き立ちます。

 そしてお正月の祝い膳。

 5m20s73.jpg

 大晦日に準備したお煮しめを中心に、彩りが映えるようにと盛り付けてみました。
 うん、なかなか良い感じ。

 6m21s143.jpg

 お屠蘇や、専用の器まで揃えるのは大変なので、杯だけでも華やかなものにしておりま~す
 そしてお雑煮です。

 8m34s221.jpg

 讃岐出身の者には必須です。
 白みそ仕立て、餡入り餅のお雑煮です。
 古来、讃岐三白と言えば、塩、綿ともう1つが砂糖だったわけで、こういう風変わりなお雑煮も、讃岐の歴史が反映されているのだと思います。

 元旦はお家でのんびり過ごしました。
 そして2日、お祝い料理のレイアウトも少し変えてみたりして…

 57s136.jpg

 お雑煮でお祝いした後は、初詣に行ってきました。
 良い年になりますように。

 DSC_2662.jpg

 境内を歩いていると、後ろにいた男の子がお母さんに一言。
 「なあ~、なんでもええから食べさしてー」
 露店の料理が美味しそうだったのね。
 でもタイミング良すぎて爆笑(心のなかで)でした!


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

[edit]

trackback: -- | comment: 33

初春のお慶びを申し上げます 

 あけましておめでとうございます。
 旧年中は、多くの皆さまに、さまざまな形でご声援をいただきまして、本当にありがとうございました。
 今年も、精いっぱい歌ってまいります。
 よろしくお願いいたします。

 2014NYC.jpg

 皆さま方1人1人にとりまして、光あふれる素晴らしい1年となりますよう心より祈念いたしております。

 今年の1曲目です。
 「いつも何度でも」

 

 別府の歌う、このYoutube動画、お陰さまで再生回数1万5000回を突破しました。
 けっして絶えることのない再生への思いを、希望をもって何かに挑み続けている、すべての人の心に届けることが出来ますように。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

[edit]

trackback: -- | comment: 42

暮れのご挨拶 

 気がつけば、もう大晦日も、残すところ数時間ですね。
 お正月の準備に大わらわの別府でございます。

 DSC_2628.jpg

 おせちの下ごしらえを少しだけ済ませたところで、お買い物へ。
 お正月を控えて、買い物客でごった返すスーパーで、年内最後のお買い物をすませてきました。

 DSC_2630.jpg

 お正月用のお花も買ったし…
 そして香川県出身者のお正月必須アイテム!

 DSC_2635.jpg

 お雑煮に入れる餡入り餅もゲットしましたよー
 お酒の方は、ワインがいっぱい備蓄されてるし…

 DSC_2619.jpg

 ほら、最近は10本くらいまとめて買うと、美味しいワインがとてもリーズナブルな価格で買えるオンラインショップが充実してるでしょう。
 それですよ、昨日届いたので、当分、ワインには困りません(笑)

 DSC_2639.jpg

 テーブルに置いたゆずの香りが広がるキッチンで、ただいま煮しめと格闘しております。
 この後、年越しうどん(讃岐では年越しも「うどん」です)の準備をして、片づけも済ませてから、テレビの前でくつろげるのは何時になるかしらー

 DSC_2644.jpg

 年賀状を書くのが、お正月になるのは確実です。
 コメ返を書くのはいつ? いやー、言わないで(笑)

 といった相変わらずのドタバタぶりでございますが…
 今年1年、別府のブログにお付き合いいただき、また別府のコンサートライブにお運びいただき、さまざまな形で、ご声援をいただきましたこと、この場を借りて、お礼申し上げます。
 ありがとうございました。
 また来年も、よろしくお願いいたします。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

[edit]

trackback: -- | comment: 16

「枯葉」 

 年の瀬も押し詰まり、今年も残り少なくなってまいりました。
 昨日が仕事おさめだったという方も多いかと思います。
 別府、「年末はゆっくりしたい」派でして、毎年、仕事は全力で早めに終えています。
 実は大掃除まで済んでたりして…
 だから今日は、ちょっと解放感ありです。

     MC900424466[1]

 この習慣、公共放送から大晦日の出演依頼が来るまで続けたいもんだと(笑)

 というわけで、今日はのんびりと1曲ご紹介します。
 「枯葉」

  MP900411771[1]

 シャンソンの名曲ですね。
 イヴ・モンタンの出世作でもあります。

 この曲、アメリカにわたって“Autumn Leaves”(紅葉)という題名がつけられたせいだと思うのですが、秋の歌のイメージが強いですね。
 でも、フランス語で歌われた原曲の題名は“Les Feuilles mortes”(落ち葉)なんです。歌詞の内容からも、寒い季節なんだろうな、くらいの感じですから、本来、晩秋から冬にかけてといった季節がイメージされた曲じゃないでしょうか。

 dglxasset[1]

 歌詞の内容は、かつて一緒に暮らした恋人のことを、幸せだった日々のことを、北風の吹く夜に、せつなく思い出しているといったものです。
 こういう歌詞の内容に「分かる分かる」と思うのは、どちらかというと男性の方のような気もしますねぇ
 ロマンティックと言えば、そうかもしれませんが、単に未練がましいだけという気がしなくもない(笑)

 別府が歌う、このヴァージョンは、前半がイヴ・モンタンが歌ったようなスタンダードなシャンソンヴァージョンで、後半はジャズヴァージョンにアレンジしています。後半の方が耳に馴染んでいるという方もいらっしゃるかと。

 

 それでは、別府、これから、のんびりとお出かけしてきまーす。
 うきうき。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

[edit]

trackback: -- | comment: 12