03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

別府「実話」の謎を追う 

 先日ご紹介した小説「ジェームス・ボンドは来ない」ですが、この本を読みながら、途中から気になっていたことがありました。

  sMC900423852_20180418184433b0a.jpg

 それは、この本の文庫版の「まえがきにかえて」の中で筆者である松岡圭祐さんが「この物語は実話である」と明記されていたことでした。
 だって、この本の中で取り上げられているイベントに実際に参加していた別府は、作品を読むと、そこに書かれていることが、実際に起こったこととは違っていることにすぐ気がついたからです。

 00151_20180418184450af4.jpg

 たとえば直島のボンドナイトパーティでの第1回「ボンドガールはウチや」コンテストです。直島の日常の光景を一変させた大きなイベントとして小説にも取り上げられているのですが、作品中では2005年7月7日に行われていたことになっています。でも実際に開催されたのは、その2年後の2007年7月7日のことです。このため作品中では、他の関連する出来事との先後関係が事実とは違っていて、結果的に、それぞれのエピソードの持つ意味付けが微妙に異なっています。
 そしてこの第1回「ボンドガールはウチや」コンテストの優勝者は、作品の中では主人公の女の子と同級生の高校生となっていますが、実際に優勝された方は20代半ばの社会人の方でした。
 だってこのときのプログラムは、「ボンドガールはウチや」コンテスト、別府葉子ステージ、コンテスト結果発表の順番だったので、別府は、まさに現場に立ち会っていたわけで、間違えようもないわけです(笑)

   pose_kiri_woman_20180418184432532.jpg

 さらに「ボンドガールはウチや」コンテストは、翌年2008年に第2回が行われた後中断され、直島を含むこの地域一帯で瀬戸内海国際芸術祭が行われた2013年に5年ぶりに復活して第3回目が行われました。小説の中では、2013年に7年ぶりに復活したことになっていて、このとき25歳になっていた主人公の女の子(直島で生まれ育っています)が優勝するわけですが、実際には優勝(「ボンドガールはあなたで賞」を受賞)されたのは、兵庫県出身で、成人後に直島に移住されたイラストレーターの方です(こっちは興味があったので調べてみたら判明しました)

 illust1109_20180418184429deb.jpg

 う~む、どういうことなのか、と考え込んだ別府、ふたたびキーボードを叩いて調べ始めました。
 「実話」の意味を調べたのです。
 三省堂大辞林では、①実際にあった話。②実際にあった事を記した読み物、でした。別府の認識とだいたい一致していました。
でもデジタル大辞泉だと、①実際にあった話。事実談。②実際にあった話をもとに書かれた読み物、となっていて、2つ目の意味は少し違っています。つまり実際にあった出来事をベースにして書かれたものは、フィクションを含んでいても広く「実話」と呼ぶと読めます。

  magnifier_animal_inu_2018041818443056b.jpg

 さらに調べてみて判明したことをまとめると、こんな感じです。
 もともと著作物は、作者の想像力によって作り上げられた架空の物語、小説などを意味する「フィクション」と、虚構(フィクション)を全く排した文章、ルポルタージュ、ドキュメンタリー、旅行記、歴史などの「ノンフクション」とに2分されていたのだけれど、その後、その中間的な読み物のカテゴリーが生まれてきた。事実をベースにしながら、想像力によって肉付けされた読み物で、ノンフィクションノベル(novel:小説)と呼ばれるようなものだ。したがって「実話」というと、この中間的なカテゴリーを含むことがある。
(注:実際はもっと細かく、いろんな分析や考え方があるみたいですけどね)

 なるほどね。
 たしかに松岡圭祐さんご自身が「まえがきにかえて」の後ろの方で、この作品はノンフィクションノベルだと書かれています。
 すっきり。
 そうなると「ジェームス・ボンドは来ない」も、どこまでが事実で、どこからがフィクションなんだろう、なんて考え始めるわけで、これはこれで興味が尽きないですね…

 eto_hitsuji_kime_201804181844278cf.jpg

(付記)あと松岡圭祐さん自身が語っている、この小説の主人公のモデルの女性ですが、2013年の「ボンドガールはうちや」コンテストで審査員特別賞を受賞された方なんじゃないかと、別府としては推理しております。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 4月29日(日)は広島市でライブです。

 別府フライヤー 2018429 ふらんす座_01

 4月30日(月・休)は松山市でライブです。

 180430松山A4_01_01

 5月12日(土)は大阪でライブです。

 180512グラバー邸A4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は「シェルブールの雨傘」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

しっぽくうどん解決編 ~スペシャルサンクス 

 「しっぽくうどんの謎」シリーズ如何だったでしょうか。
 個人的なふとした疑問から始まったシリーズでしたが、思いがけず何人もの方から、記事に関してブログに、またフェイスブックにコメントをいただきました。
 これら温かいコメントの中に、きわめて示唆的なコメントもありまして、こうして予定外の追補版ともいうべき記事を書くことにしました。

  ojigi_animal_neko-(2).jpg

 まず福田悦子さんから、高松市の鬼無出身の友人の方は「しっぽく」ではなく、「しっぷく」うどんと呼んでいるとのご指摘をいただきました。
 ん?なんかありそうだけど、えーと、という感じでしたが…
 さらに高松の若宮英司さんから、7種類の具材を使った「七福うどん」という、ズバリなご指摘をいただきました。

 shichifukujin_takarabune.jpg

 大晦日の夜、おめでたい新年を迎えるにあたって七福神にあやかった「しちふくうどん」をいただくという習慣が生まれたというのは、いかにも筋が通っています。
 そして「しちふく」が音便変化を経て「しっぷく」へ。
 腑に落ちるとは、このことではないですか。

 free-illust9_20180224183941970.jpg

 さらに想像をふくらませれば、上方の「しっぽくうどん」が伝わってくると、もともとあった香川の「しっぷくうどん」との、その音の類似性から、ある種の混同のようなものを生じて「しっぷくうどん」が「しっぽくうどん」へと、呼び名が変更されてしまったのかも…

 なんかスッキリしたー

  887mark_201802241839404c3.jpg

 あとこれは書かなかったのですが、いろいろ調べている途中で、中サイズ?の干しシイタケのことを「しっぽく」と呼ぶということも判明していて。
 京都のしっぽくうどんでも、香川のしっぽくうどんでも、どちらもシイタケは具材として使われることがあるもので、なにか関係があるのかもとも思ったのですが、この点は漠然とし過ぎていて、これ以上は分かりませんでした。
 今後の研究課題?(笑)

 ところで最後に、ちょっとご案内です。
 今回の「しっぽくうどんの謎」シリーズのきっかけを作ってくれたピアニストの村尾亜計実さんとは、今年の9月2日(日)に神戸で一緒にライブをやります。

 206.jpg

 9月2日(日)14:30開演(14:00開場)
 会場:サロン・ド・あいり
  神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮2F
  TEL:078-241-1898
 出演/Vo/Gt別府葉子 pf村尾亜計実 Contrabass中村尚美
 各人のオリジナル曲の披露など、ちょっぴりスペシャルなライブです。
 Live Charge 3,500円(1drink付)

 よろしかったら、いらっしゃいませ~



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 3月30日(土)は高松でライブです。

 180330ほのほA4_01

 3月31日(日)は岡山でライブです。

 180331JORDANA4_01_01_01_01.jpg

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は、「蔦がゆれる」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

しっぽくうどんの謎 その3 

 前回の記事で、江戸時代に長崎の卓袱料理が、上方に伝播して京阪地区で「しっぽくうどん」が生まれ、現在までに至る京都の「しっぽくうどん」につながっているらしいということが判明したわけですが…
 では、この「しっぽくうどん」は香川県の「しっぽくうどん」とは関わりがあるのでしょうか。

  illust2014.png

 長崎から上方に伝播した「卓袱料理」が京阪地区の「しっぽくうどん」を生み、さらにこれが瀬戸内海を超えて香川県に渡るということは、上方が西日本の文化経済の中心であり、また瀬戸内海に海上交通が栄えていたという状況を考えると、十分ありうるお話です。

 でもねぇ
 これが京都の「しっぽくうどん」

 112-top.jpg

 京都の権太呂さんのサイトから拝借した写真です。
 そしてこちらが香川県の「しっぽくうどん」

 DSC_2544.jpg

 別府が去年の大みそかに作った「しっぽくうどん」です。

 ぜんぜん別のうどん料理に見えませんか(笑)
 京都のが都風の洗練が感じられるのに対して、別府のは、ごった煮風の田舎料理というだけではありません。
 これだけたくさん使われている具材が1つも共通していない!
 別のうどんじゃないですか。

 でも、そのとき閃いたことがありました。
 香川県のあん餅雑煮。
 白みそ仕立ての出汁に、餡の入った丸餅をいれるという、香川県出身者以外の皆を驚愕させる、筋金入りの香川オリジナル料理です。

 1483240125916_2018022300354264c.jpg

 香川県農政水産部のサイト「さぬき味の歳時記」によれば、このあん餅雑煮の具材は…
 大根、金時にんじん、豆腐。さらに県内の地域によっていろいろで、里いも、ごぼう、油あげを取り合わせたり、椀に盛った際、花かつおや青ねぎを散らす地域もあるとされています。

 同じサイトで、しっぽくうどんの具材は…
 大根、にんじん、豆腐、油あげ、ねぎ、さらに里いもを入れることもあること、また最近は、こくを出すために、鶏肉や豚肉を入れることもあるとされています。
 magnifier_animal_inu.png

 両方を比べてみてください。
 両方の具材は、(最近になってしっぽくうどんに入れるようになったとされている鶏肉や豚肉を別にすれば)ほぼ完全に一致しています。
 同じ具材。
 そして香川県において、しっぽくうどんは大晦日に食べる料理なのです。

 kotatsu_animal.jpg

 香川県ではうどんは1年中食べます。毎日1度は、必ずうどんを食べるという人が別に珍しくも何ともないという土地柄です。
 大晦日にも、うどんは食べるでしょう。
 そして大晦日には、お正月の支度として、あん餅雑煮の準備が既に整えられているのです。
 とすれば、この大忙しの1日に食べるうどんが、翌日食べるあん餅雑煮の具材を使ったものになるのは、遠い昔から、ある意味あたり前だったと言うべきでしょう。

 そしてそのうどんは、あん餅雑煮が香川県でうまれたオリジナル料理であるというのと同じ意味で、香川で生まれたオリジナル料理だということになるはずです。

 pose_kiri_woman_2018022300354444f.jpg

 最後の疑問は、なぜ、そのうどんに「しっぽくうどん」という名前が付けられたのか、ですが、それは …分かりません。
 ただ別府の想像は、こうです。
 江戸時代に京阪地区で考案された「しっぽくうどん」は瀬戸内海を超えて四国にも伝わったのでしょう。
 そのとき、ちょっとした誤解のようなものがあったのかも知れません。
 いろいろな具材を載せた、かけうどんのことを「しっぽくうどん」と呼ぶらしい。
 ああ、なんだ、大みそかに食べる、あのうどんのことか。なんてね。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 3月30日(土)は高松でライブです。

 180330ほのほA4_01

 3月31日(日)は岡山でライブです。

 180331JORDANA4_01_01_01_01.jpg

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は、「死んだ男の残したものは」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

しっぽくうどんの謎 その2 

 ネットでの検索の結果、まず判明したのは、しっぽくうどんは香川県の郷土料理として広く認識されているということでした。
 厳密には香川県で「しっぽくうどん」と呼ばれている料理は、という意味ですが、これを香川県の郷土料理として紹介しているサイトは数えきれないほどありました。

  pose_naruhodo_woman.jpg

 その1つをご紹介しますと…
 香川県の農政水産部が開設しているサイト「さぬき味の歳時記」
 このサイトによりますと「しっぽくうどん」は、次のように解説されています。
 『讃岐の冬の代表的な郷土料理です。数種類の季節の野菜を、汁とともに煮込む方法で、ゆでたうどんの上から共に煮た野菜をかけたものです。年末には年越しそばの代わりに食べる家庭もあります。』

 そして香川県観光協会の開設している「うどん県旅ネット」のフォトダウンロードページからダウンロードした「しっぽくうどん」の写真がこれです。

 10000407-(1).jpg

 写真のうどんの具は、大根、にんじん、里いも、しいたけ、油揚げに鶏肉といったもののようですが、まず香川県では一般的な「しっぽくうどん」のイメージ通りと言ってよいと思います。

 ただ香川県の「しっぽくうどん」発祥の起源や由来について、根拠や出典を挙げながら、詳しく言及したサイトは見つけることが出来ませんでした。

  hatena_201802221834514ae.jpg

 他方、京都の「しっぽくうどん」なのですが…
 まずイメージとしては、こんな感じみたいです。

 1264666383.jpg

 京都の冨美家さんのサイトから拝借した「しっぽくうどん」の写真です。
 しいたけ、湯葉、板麩、かまぼこ、三つ葉といった具材が見えています。
 ほかのお店の写真をみると玉子焼きなんかもはいることがあるみたいです。

 そしてこの京都の「しっぽくうどん」のルーツについては、多くのサイトが「江戸時代に長崎の卓袱(しっぽく)料理から派生して京阪地区で考案されたもの」という説を紹介しています。
 鎖国中に、世界への唯一の扉として開かれていた長崎の出島を通じて、オランダ、中国、アジア諸国からの異文化が流入して長崎で独自の食文化が生まれ、強烈な個性をもったこの卓袱料理という食文化が、当時の文化経済の中心であった上方や江戸に伝播していったのは、いわば当然の流れでしょう。そこから京阪地区で「しっぽくうどん」が生まれたという説明は納得できるものです。

 image.jpg
  ご存じ、長崎の卓袱(しっぽく)料理です。

 そういう立場からの解説がされているものの一例を引用してみます。

 (社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会が開設しているサイトで岩崎信也さんという方が書いておられた「麺類雑学辞典」からです。

 『しっぽくとは「卓袱」。元禄(1688~1704年)頃から長崎で盛んだった和風中華料理の卓袱料理のことである。この卓袱料理のなかに、大盤に盛った線麺(そうめん、またはうどん)の上にいろいろな具をのせたものがあった。これを江戸のそば屋が真似して、そばを台に売り出したのが「しっぽくそば」ということになっている。
 ただ、幕末頃ならともかくこの時代に、開港場という特殊な地域で流行った料理を遠く離れた江戸のそば屋が直接取り入れたというのは、少々無理があるといえなくもない。実際、しっぽく料理そのものは享保(1716~36年)頃に京都に移植され、それが大坂をはじめとする畿内に広まったとされている。そして、京・大坂はいうまでもなく、うどん文化圏だ。とすれば、まず京坂のうどん屋がいち早くしっぽくうどんを売り出し、それが江戸に伝わってそばの種ものになったと考えるのが自然のようである。』
 そして具材については…
 『そもそもヒントとなった卓袱の麺料理は、現在の中国料理の什錦湯麺(五目汁そば)のようなものだったのだろうから、何種類もの材料を使った具をのせればいいわけで、とくにどの材料と決まっていなかったのではないか。
 しかし、天保から嘉永(1830~54年)頃の風俗を記した『守貞謾稿』では、具は玉子焼き、かまぼこ、シイタケ、クワイなどとなっており、具の内容はだいたいこのへんに落ち着いていたようである。』

 とても分かりやすくて納得できるものですよね。

 illust2112_20180222184125a93.jpg

 というわけで京都の「しっぽくうどん」については、そのルーツが判明したように思われるのですが、香川県の「しっぽくうどん」は一体どこから来たのか、そして香川のしっぽくうどんが、長崎の卓袱料理や京都の「しっぽくうどん」と関係があるのかは謎のままです。

 次回につづく



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 3月30日(土)は高松でライブです。

 180330ほのほA4_01

 3月31日(日)は岡山でライブです。

 180331JORDANA4_01_01_01_01.jpg

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は、「半ダースのバラ」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

しっぽくうどんの謎 その1 

 その疑問は、別府がフェイスブックに載せた写真に、ピアニストの村尾亜計実さんがコメントしたことから始まりました。
 別府が載せた写真というのが、こちら。

 DSC_2628_20180221190116f9e.jpg

 別府が自分で作った純正の讃岐しっぽくうどんです。
 そして、この写真につけられた村尾さんのコメントがこちら。
 『これがしっぽくうどん?京都はかまぼこ、湯葉、三つ葉、ほうれん草、甘辛く炊いたシイタケが必ずのります』
 そう、村尾さんは京都の人なのです。

 vlcsnap-2014-02-05-21h53m22_20180221190114887.jpg
  こちらの京美人がピアニスト村尾亜計実さんです。

 そういえば京都にも、しっぽくうどんってあったなぁ。
 大学時代を京都で過ごした別府は、そんなことをボンヤリ考えていたのですが…

 siann_02.jpg

 しばらく経ってから次々に疑問が湧いてきました。
 「しっぽくうどんって香川の郷土料理じゃなかったっけ?」
 「そうだとすると香川のオリジナルな料理なの?」
 「そもそも、しっぽくうどんのルーツはどこにあるの?」
 「長崎の卓袱料理とは関係があるんだろうか?」
 「京都のしっぽくうどんって、香川のしっぽくうどんと何か関連性があるんだろうか?」
 謎が渦巻いております。

    MC900423828_201802211901174f8.jpg

 う~む
 猛然とキーワード検索をはじめる別府でありました。

 pose_necchuu_computer_woman.jpg

 果たして謎は解明されるのか。
 次回に続くのでありました…



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 3月30日(土)は高松でライブです。

 180330ほのほA4_01

 3月31日(日)は岡山でライブです。

 180331JORDANA4_01_01_01_01.jpg

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は、「ファイト!」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2