09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ミュージアムフリーク 

 先日の万博記念公園のお話、もう1回だけお付き合いください。
 あの日、別府は「EXPO ’70パビリオン」で半世紀前にタイムスリップしたわけですが、それ以外にも訪れた場所がありました。
こちらです。

 IMG_1063.jpg

 あ、写真違いますね。これは建物の前の広場にあったトーテムポールで…
 はい、こちら。

 IMG_1081.jpg

 国立民族学博物館です。
 略称(愛称)は「みんぱく」らしいです(愛称をつけたときには「民泊」は無かったでしょうけどねぇ…)

 IMG_1076.jpg

 実を言いますと、別府、若いころ高松で、香川県の県立ミュージアムで働いていたんですよ(いまも学芸員のお友達がいたりします)
 そのせいでしょうね、今でも博物館とかあると、すごく入ってみたくなります。興味津々ってところです。
 さっそく行きますよ。

 IMG_1075.jpg

 うっ…

 IMG_1066.jpg

 ふむふむ…

 IMG_1068.jpg

 うーむ
 こちらの博物館には行ったことがないという方のために説明しておきます。
 とにかく、すごく広いです。

 IMG_1080.jpg

 世界中各地の生活や文化を網羅的に紹介・説明しようとしているみたいで、どこまで行っても終わらない感じで、途中から自分がどの辺にいるのか分からなくなります(少なくとも別府はそうでした)
 あとそれから、ちょっと怖いです。
 こんな人がいたり…

 IMG_1074.jpg

 こんな方がいたりします。

 IMG_1069.jpg

 それでもって、すごく広くて、照明はおおむね暗めで、ときどき人が全然いない状態になります(だ、誰か、いませんか?と叫びたくなります)
 ただものすごく興味深い展示が山ほどあります。
 別府としては、次回たっぷり時間をかけて、じっくりと廻ってみるつもりです。
 それからミュージアムショップにあった珍しい楽器とかも、次回は少し触らせてもらおっと!

 IMG_1059.jpg



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 ライブ情報、10月22日(日)は大阪です。
 創徳庵にてライブです。13時半スタートです。

 20171022創徳庵_01s

 11月4日(土)は、東京はThe GLEE 神楽坂です。
 別府葉子シャンソントリオ+ワンにてうかがいます。
 ただいまチケットぴあ、ローソンチケットにて、前売チケット発売中です。

 20171104グリー

 12月2日(土)は、香川県丸亀市の D's CLUB にて。トリオとしては初出演です。

 20171202デイズA401_01s

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「パリに抱かれて」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

半世紀前へのタイムスリップ 

 先日、大阪でさぬきうどんの店・竹清に行ったお話を書いたのですが…
 実はあの記事には続きがあります。
 なにせ、お店があるのは広大な万博記念公園の一画でしたから、おうどん食べただけで、そのまま帰る手はありません。
 現在の「太陽の塔」です。

 DSC_2275.jpg

 万博のモニュメントとなっているこの塔を中心に、広大な緑が広がり、各所でイベントが開催され、またいろいろな施設を訪れることができます。
 例えばこちら、EXPO ’70パビリオンです。

 DSC_2277.jpg

 こちらは70年万博当時の様子を一部再現した記念資料館となっております。
 入館するなり、おどける別府!

 DSC_2281.jpg

 テンション高めですよー
 そして、こちら。大きな写真が飾ってあるなー、と一瞬、意図が分からなかったのですが…
 もちろん、こうですよね。

 DSC_2279.jpg

 はい。半世紀前にタイムスリップでございます。
 そして、いよいよ常設展に突入です。
 当時の最先端音響を使ったそうです、スペースシアター。

 DSC_2290.jpg

 でも、どう使うのかは別府に聞かないでください。なんかいろいろ光ってました。
 おお、昭和感あふれるレトロパンフレットの数々!

 DSC_2293.jpg

 きゃー、なに、これ?

 DSC_2294.jpg

 怖いし。
 そしてこちらは多分「お釈迦様の手のひらを具象化してみたぞ」椅子

 DSC_2302.jpg

 ですかね…
 そして通路の一画にいた人たち

 DSC_2296.jpg

 暗いところで、1人でみたら、逃げると思います(夢に出てきそう)。
 そして往年のビッグネームたちのポスターが…

 ベコー外_01

 会場に来て、ライブ公演やったんですねぇ
 ふー、面白かったぁ

 IMG_1051.jpg

 外に出ると真っ青な秋空でした。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 ライブ情報、10月22日(日)は大阪です。
 創徳庵にてライブです。13時半スタートです。

 20171022創徳庵_01s

 11月4日(土)は、東京はThe GLEE 神楽坂です。
 別府葉子シャンソントリオ+ワンにてうかがいます。
 ただいまチケットぴあ、ローソンチケットにて、前売チケット発売中です。

 20171104グリー

 12月2日(土)は、香川県丸亀市の D's CLUB にて。トリオとしては初出演です。

 20171202デイズA401_01s

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「コム・ダビチュード」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

別府&村尾プロジェクトの行方 

 先日、別府は、大阪市内のスタジオでピアニスト村尾亜計実さんと2人だけの演奏会を開いてまいりました。

 pi001-(1)_2017062022580601c.jpg

 上の写真で別府と一緒に写っている人が村尾さんです。
 別府とは何度も一緒にライブをやっているし、このブログでも何度も登場していますから(たとえばこんな記事で)、ご存じの方が多いだろうと思います。

 SnapShot(176)_201706202258070d9.jpg

 そんな村尾さんに以前から頼まれていたことがありました。
 彼女が作曲した曲に詞をつけて欲しいというリクエストでした。

 music_sakkyoku_piano_woman_201706202258048a3.jpg

 とても興味があったので、すぐに引き受けたのですが…
 実際にやってみると大変だったぁ。
 いろいろ試してみた挙句、最終的にはフランス語で歌詞をつけて、それに日本語訳詩をつけるという奇妙なことになりました。

    MC900434411_20170620225753229.jpg

 村尾さんにその話をしたら、彼女は「あ、フランス和声で作曲したからかな」…
 ああ、そうなんだぁ、なんてことになるわけはなく、意味わかんないぞ(笑)
 体系的に音楽を学んだことのない別府と、音大の作曲学部作曲専攻という村尾さんとのコミュニケーションには、ときに深い谷もあるわけですよ(笑)

     MC900423820_2017062022575118e.jpg

 でも完成した曲を2人で一緒に演奏してみるとき、心は自在に通い合うわけです。
 いい感じです。
 2人が作った曲を中心にしたライブなんか、やってみたいわねぇ、なんて話が弾みます。
 名付けて「別府&村尾プロジェクト」
 さて、どうなりますことやら。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 6月25日(日)14:00~は滋賀県の「立木音楽堂」です。
 チケットのご予約はエリーズ音楽事務所(TEL/077-510-1607)まで

 2017_6_25tachikiconcet.jpg

 7月10日(月)は、ホテルモントレ京都のレストラン「エスカーレ」にて、ランチショー&ディナーショーです。

 170710monte01.jpg

 7月14日(金)18:30~は、神戸文化ホール・中ホール「シャンソンの夕べ」に出演します。
 チケットのお申し込みは、こちらです。
  E-mail yoko_c_f@ybb.ne.jp(別府葉子オフィス)
  TEL 06-6231-5656(やさかオフィス)

 スキャン_20170523

 7月29日からはサマーツアー開始です!

 2017STチラシ01

 本日の1曲はの「まぼろしの恋」です。村尾亜計実(Piano)、中村尚美(Bass)

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

アダージョ 

 「アルビノーニのアダージョ」をご存じですか。
 「知らん」と思われた方、時間がありましたら、下の動画をちょっと聴いてみてくださいませんか。

 

 おお、どっかで聞かれたことあるぞ、これ!と思われたんじゃありませんか。
 この曲、生まれたときから不思議な定めを負っておりまして…
 「第2次世界大戦中のドレスデン空襲の後、旧ザクセン国立図書館の廃墟から発見されたバロック音楽の作曲家トマゾ・アルビノーニの譜面の一部に基き、レモ・ジャゾット氏の手によって再生編曲された」作品として1958年に発表されたのですが、その後、レモ・ジャゾット氏自身のオリジナル曲だったらしいと判明するに至ったと言われている作品です。
 でも曲名はずっと「アルビノーニ」のアダージョです。
 「なんだそれ大賞」の有力候補ですよね。

     MC900423840_20170501184516139.jpg

 ただ、この曲が、たいへん人気を博したのは間違いないようでして。
 様々な音楽家が、様々な形で取り上げたのみならず、映画、舞台、TVなどでも使われながら、現在に至っています。

 stockvault-dreamy.jpg

 歌詞をつけて歌った方も何人もいらっしゃるみたいでして…
 ララ・ファビアンさんも、そのうちのお1人です。

 51o2-2nV-dL.jpg

 1999年に発表された、ファビアンさんの「アダージョ」は世界的なヒット曲となりました。
 荘厳さの中に、悠久の地平を感じさせる曲調と、透明なロマンを感じさせる抑制の効いたファビアンの歌は、ちょっとないベストマッチです。(ただ後半、高音域で自在に声を張るあたり、どや感満載となるのが、好き嫌いが分かれるところかもです)

 MP900400961 (1)

 実は、この「アダージョ」、別府の日本語訳詞が存在します。
 むかし、人に頼まれて訳詞したのですが、先日、依頼人と約束していた非公開期間が過ぎました。というわけで、途中までですが、ちょこっと(笑)

 「アダージョ」 Adagio
   訳詞/別府葉子

   いつからだろうか 風にまぎれて
   扉をたたく ささやき声が 
   めぐりあうときまで  もうすぐ アダージョ

   肌触れ合う日を 見つめる瞳を
   やさしい腕を いまも夢見てる
   めぐりあうとき  緩やかに アダージョ

   目を閉じればほら 一筋の道
   苦しみに 夜毎泣いて ピアノに向かい
   奏でつづけた 愛のメロディー




 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 5月13日(土)15:00~17:00は「蘭ズ ガーデン」です。

 20170513蘭ズG

 17547643_701162660044326_15.jpg

 5月14日(日)14:00~は「珈笛画廊ほのほ」です。

 スキャン_20170422

 本日の1曲は「哀しみのソレアード」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

若き日のイブ・モンタン… 

 別府がコンクールの審査員をさせていただいた話は、以前このブログに書きました。
 そのとき審査員としてご一緒させていただいた方に大野修平さんがいらっしゃったことも書いたかと思うのですが…
 昔からCDのライナーノーツに書かれた大野さんの解説なんかをよく読んでいた別府にとっては、ともて感慨深い出会いだったのです。

   90043.jpg

 そのあと、ある方から、この本読んだことある?と貸してもらった本があります。
 こちらです。

 1485852484920.jpg

 「わが心のシャンソン」大野修平 著
 大野修平さんが、シャンソンの名曲や、フランスのシャンソン歌手を取り上げて、そこにまつわるお話を語っておられるのですが…
 大野さんが実際に出会った歌手の思い出をサラッとスケッチされていたりして、興味深い読み物です。

 gatag-00013208.jpg

 ちょっとだけ書かれていたエピソードを紹介させていただくと…
 イブ・モンタンと言えば、俳優として歌手として一時代を築いた大スターでしたが、かれの初期の出演作に「夜の門」という古い映画があります。
 この映画の中で彼は後に世界的なスタンダードナンバーとなった「枯葉」を歌っているのですが、この曲、この映画のために初めて歌詞が作られた新しい曲でした。

 054.jpg

 でも映画の中でイブ・モンタンは、流れてきたこの曲を聴いて「聴いたことがある曲だ」なんて呟きながら口ずさむシーンがあるのです。
 実は、映画の冒頭で、この曲「枯葉」が流されているんだそうでして…
 だから当時、この映画をみた観客も「ん、確かになんか聴いたことあるな」なんて思ってしまうという仕掛けだったらしいです。
 なんか「やるなー」って話じゃないですか。

   illust2052.jpg



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 2017 新春ミニツアーは、2月4日(土)大阪、2月5日(日)名古屋、2月18日(土)東京です。
 おいでませ~

 2017WTチラシA403

 本日の1曲は「枯葉」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0