01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

しっぽくうどんの謎 その2 

 ネットでの検索の結果、まず判明したのは、しっぽくうどんは香川県の郷土料理として広く認識されているということでした。
 厳密には香川県で「しっぽくうどん」と呼ばれている料理は、という意味ですが、これを香川県の郷土料理として紹介しているサイトは数えきれないほどありました。

  pose_naruhodo_woman.jpg

 その1つをご紹介しますと…
 香川県の農政水産部が開設しているサイト「さぬき味の歳時記」
 このサイトによりますと「しっぽくうどん」は、次のように解説されています。
 『讃岐の冬の代表的な郷土料理です。数種類の季節の野菜を、汁とともに煮込む方法で、ゆでたうどんの上から共に煮た野菜をかけたものです。年末には年越しそばの代わりに食べる家庭もあります。』

 そして香川県観光協会の開設している「うどん県旅ネット」のフォトダウンロードページからダウンロードした「しっぽくうどん」の写真がこれです。

 10000407-(1).jpg

 写真のうどんの具は、大根、にんじん、里いも、しいたけ、油揚げに鶏肉といったもののようですが、まず香川県では一般的な「しっぽくうどん」のイメージ通りと言ってよいと思います。

 ただ香川県の「しっぽくうどん」発祥の起源や由来について、根拠や出典を挙げながら、詳しく言及したサイトは見つけることが出来ませんでした。

  hatena_201802221834514ae.jpg

 他方、京都の「しっぽくうどん」なのですが…
 まずイメージとしては、こんな感じみたいです。

 1264666383.jpg

 京都の冨美家さんのサイトから拝借した「しっぽくうどん」の写真です。
 しいたけ、湯葉、板麩、かまぼこ、三つ葉といった具材が見えています。
 ほかのお店の写真をみると玉子焼きなんかもはいることがあるみたいです。

 そしてこの京都の「しっぽくうどん」のルーツについては、多くのサイトが「江戸時代に長崎の卓袱(しっぽく)料理から派生して京阪地区で考案されたもの」という説を紹介しています。
 鎖国中に、世界への唯一の扉として開かれていた長崎の出島を通じて、オランダ、中国、アジア諸国からの異文化が流入して長崎で独自の食文化が生まれ、強烈な個性をもったこの卓袱料理という食文化が、当時の文化経済の中心であった上方や江戸に伝播していったのは、いわば当然の流れでしょう。そこから京阪地区で「しっぽくうどん」が生まれたという説明は納得できるものです。

 image.jpg
  ご存じ、長崎の卓袱(しっぽく)料理です。

 そういう立場からの解説がされているものの一例を引用してみます。

 (社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会が開設しているサイトで岩崎信也さんという方が書いておられた「麺類雑学辞典」からです。

 『しっぽくとは「卓袱」。元禄(1688~1704年)頃から長崎で盛んだった和風中華料理の卓袱料理のことである。この卓袱料理のなかに、大盤に盛った線麺(そうめん、またはうどん)の上にいろいろな具をのせたものがあった。これを江戸のそば屋が真似して、そばを台に売り出したのが「しっぽくそば」ということになっている。
 ただ、幕末頃ならともかくこの時代に、開港場という特殊な地域で流行った料理を遠く離れた江戸のそば屋が直接取り入れたというのは、少々無理があるといえなくもない。実際、しっぽく料理そのものは享保(1716~36年)頃に京都に移植され、それが大坂をはじめとする畿内に広まったとされている。そして、京・大坂はいうまでもなく、うどん文化圏だ。とすれば、まず京坂のうどん屋がいち早くしっぽくうどんを売り出し、それが江戸に伝わってそばの種ものになったと考えるのが自然のようである。』
 そして具材については…
 『そもそもヒントとなった卓袱の麺料理は、現在の中国料理の什錦湯麺(五目汁そば)のようなものだったのだろうから、何種類もの材料を使った具をのせればいいわけで、とくにどの材料と決まっていなかったのではないか。
 しかし、天保から嘉永(1830~54年)頃の風俗を記した『守貞謾稿』では、具は玉子焼き、かまぼこ、シイタケ、クワイなどとなっており、具の内容はだいたいこのへんに落ち着いていたようである。』

 とても分かりやすくて納得できるものですよね。

 illust2112_20180222184125a93.jpg

 というわけで京都の「しっぽくうどん」については、そのルーツが判明したように思われるのですが、香川県の「しっぽくうどん」は一体どこから来たのか、そして香川のしっぽくうどんが、長崎の卓袱料理や京都の「しっぽくうどん」と関係があるのかは謎のままです。

 次回につづく



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 3月30日(土)は高松でライブです。

 180330ほのほA4_01

 3月31日(日)は岡山でライブです。

 180331JORDANA4_01_01_01_01.jpg

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は、「半ダースのバラ」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 1

しっぽくうどんの謎 その1 

 その疑問は、別府がフェイスブックに載せた写真に、ピアニストの村尾亜計実さんがコメントしたことから始まりました。
 別府が載せた写真というのが、こちら。

 DSC_2628_20180221190116f9e.jpg

 別府が自分で作った純正の讃岐しっぽくうどんです。
 そして、この写真につけられた村尾さんのコメントがこちら。
 『これがしっぽくうどん?京都はかまぼこ、湯葉、三つ葉、ほうれん草、甘辛く炊いたシイタケが必ずのります』
 そう、村尾さんは京都の人なのです。

 vlcsnap-2014-02-05-21h53m22_20180221190114887.jpg
  こちらの京美人がピアニスト村尾亜計実さんです。

 そういえば京都にも、しっぽくうどんってあったなぁ。
 大学時代を京都で過ごした別府は、そんなことをボンヤリ考えていたのですが…

 siann_02.jpg

 しばらく経ってから次々に疑問が湧いてきました。
 「しっぽくうどんって香川の郷土料理じゃなかったっけ?」
 「そうだとすると香川のオリジナルな料理なの?」
 「そもそも、しっぽくうどんのルーツはどこにあるの?」
 「長崎の卓袱料理とは関係があるんだろうか?」
 「京都のしっぽくうどんって、香川のしっぽくうどんと何か関連性があるんだろうか?」
 謎が渦巻いております。

    MC900423828_201802211901174f8.jpg

 う~む
 猛然とキーワード検索をはじめる別府でありました。

 pose_necchuu_computer_woman.jpg

 果たして謎は解明されるのか。
 次回に続くのでありました…



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 3月30日(土)は高松でライブです。

 180330ほのほA4_01

 3月31日(日)は岡山でライブです。

 180331JORDANA4_01_01_01_01.jpg

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は、「ファイト!」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

ミュージアムフリーク 

 先日の万博記念公園のお話、もう1回だけお付き合いください。
 あの日、別府は「EXPO ’70パビリオン」で半世紀前にタイムスリップしたわけですが、それ以外にも訪れた場所がありました。
こちらです。

 IMG_1063.jpg

 あ、写真違いますね。これは建物の前の広場にあったトーテムポールで…
 はい、こちら。

 IMG_1081.jpg

 国立民族学博物館です。
 略称(愛称)は「みんぱく」らしいです(愛称をつけたときには「民泊」は無かったでしょうけどねぇ…)

 IMG_1076.jpg

 実を言いますと、別府、若いころ高松で、香川県の県立ミュージアムで働いていたんですよ(いまも学芸員のお友達がいたりします)
 そのせいでしょうね、今でも博物館とかあると、すごく入ってみたくなります。興味津々ってところです。
 さっそく行きますよ。

 IMG_1075.jpg

 うっ…

 IMG_1066.jpg

 ふむふむ…

 IMG_1068.jpg

 うーむ
 こちらの博物館には行ったことがないという方のために説明しておきます。
 とにかく、すごく広いです。

 IMG_1080.jpg

 世界中各地の生活や文化を網羅的に紹介・説明しようとしているみたいで、どこまで行っても終わらない感じで、途中から自分がどの辺にいるのか分からなくなります(少なくとも別府はそうでした)
 あとそれから、ちょっと怖いです。
 こんな人がいたり…

 IMG_1074.jpg

 こんな方がいたりします。

 IMG_1069.jpg

 それでもって、すごく広くて、照明はおおむね暗めで、ときどき人が全然いない状態になります(だ、誰か、いませんか?と叫びたくなります)
 ただものすごく興味深い展示が山ほどあります。
 別府としては、次回たっぷり時間をかけて、じっくりと廻ってみるつもりです。
 それからミュージアムショップにあった珍しい楽器とかも、次回は少し触らせてもらおっと!

 IMG_1059.jpg



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 ライブ情報、10月22日(日)は大阪です。
 創徳庵にてライブです。13時半スタートです。

 20171022創徳庵_01s

 11月4日(土)は、東京はThe GLEE 神楽坂です。
 別府葉子シャンソントリオ+ワンにてうかがいます。
 ただいまチケットぴあ、ローソンチケットにて、前売チケット発売中です。

 20171104グリー

 12月2日(土)は、香川県丸亀市の D's CLUB にて。トリオとしては初出演です。

 20171202デイズA401_01s

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「パリに抱かれて」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

半世紀前へのタイムスリップ 

 先日、大阪でさぬきうどんの店・竹清に行ったお話を書いたのですが…
 実はあの記事には続きがあります。
 なにせ、お店があるのは広大な万博記念公園の一画でしたから、おうどん食べただけで、そのまま帰る手はありません。
 現在の「太陽の塔」です。

 DSC_2275.jpg

 万博のモニュメントとなっているこの塔を中心に、広大な緑が広がり、各所でイベントが開催され、またいろいろな施設を訪れることができます。
 例えばこちら、EXPO ’70パビリオンです。

 DSC_2277.jpg

 こちらは70年万博当時の様子を一部再現した記念資料館となっております。
 入館するなり、おどける別府!

 DSC_2281.jpg

 テンション高めですよー
 そして、こちら。大きな写真が飾ってあるなー、と一瞬、意図が分からなかったのですが…
 もちろん、こうですよね。

 DSC_2279.jpg

 はい。半世紀前にタイムスリップでございます。
 そして、いよいよ常設展に突入です。
 当時の最先端音響を使ったそうです、スペースシアター。

 DSC_2290.jpg

 でも、どう使うのかは別府に聞かないでください。なんかいろいろ光ってました。
 おお、昭和感あふれるレトロパンフレットの数々!

 DSC_2293.jpg

 きゃー、なに、これ?

 DSC_2294.jpg

 怖いし。
 そしてこちらは多分「お釈迦様の手のひらを具象化してみたぞ」椅子

 DSC_2302.jpg

 ですかね…
 そして通路の一画にいた人たち

 DSC_2296.jpg

 暗いところで、1人でみたら、逃げると思います(夢に出てきそう)。
 そして往年のビッグネームたちのポスターが…

 ベコー外_01

 会場に来て、ライブ公演やったんですねぇ
 ふー、面白かったぁ

 IMG_1051.jpg

 外に出ると真っ青な秋空でした。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 ライブ情報、10月22日(日)は大阪です。
 創徳庵にてライブです。13時半スタートです。

 20171022創徳庵_01s

 11月4日(土)は、東京はThe GLEE 神楽坂です。
 別府葉子シャンソントリオ+ワンにてうかがいます。
 ただいまチケットぴあ、ローソンチケットにて、前売チケット発売中です。

 20171104グリー

 12月2日(土)は、香川県丸亀市の D's CLUB にて。トリオとしては初出演です。

 20171202デイズA401_01s

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「コム・ダビチュード」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

別府&村尾プロジェクトの行方 

 先日、別府は、大阪市内のスタジオでピアニスト村尾亜計実さんと2人だけの演奏会を開いてまいりました。

 pi001-(1)_2017062022580601c.jpg

 上の写真で別府と一緒に写っている人が村尾さんです。
 別府とは何度も一緒にライブをやっているし、このブログでも何度も登場していますから(たとえばこんな記事で)、ご存じの方が多いだろうと思います。

 SnapShot(176)_201706202258070d9.jpg

 そんな村尾さんに以前から頼まれていたことがありました。
 彼女が作曲した曲に詞をつけて欲しいというリクエストでした。

 music_sakkyoku_piano_woman_201706202258048a3.jpg

 とても興味があったので、すぐに引き受けたのですが…
 実際にやってみると大変だったぁ。
 いろいろ試してみた挙句、最終的にはフランス語で歌詞をつけて、それに日本語訳詩をつけるという奇妙なことになりました。

    MC900434411_20170620225753229.jpg

 村尾さんにその話をしたら、彼女は「あ、フランス和声で作曲したからかな」…
 ああ、そうなんだぁ、なんてことになるわけはなく、意味わかんないぞ(笑)
 体系的に音楽を学んだことのない別府と、音大の作曲学部作曲専攻という村尾さんとのコミュニケーションには、ときに深い谷もあるわけですよ(笑)

     MC900423820_2017062022575118e.jpg

 でも完成した曲を2人で一緒に演奏してみるとき、心は自在に通い合うわけです。
 いい感じです。
 2人が作った曲を中心にしたライブなんか、やってみたいわねぇ、なんて話が弾みます。
 名付けて「別府&村尾プロジェクト」
 さて、どうなりますことやら。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 6月25日(日)14:00~は滋賀県の「立木音楽堂」です。
 チケットのご予約はエリーズ音楽事務所(TEL/077-510-1607)まで

 2017_6_25tachikiconcet.jpg

 7月10日(月)は、ホテルモントレ京都のレストラン「エスカーレ」にて、ランチショー&ディナーショーです。

 170710monte01.jpg

 7月14日(金)18:30~は、神戸文化ホール・中ホール「シャンソンの夕べ」に出演します。
 チケットのお申し込みは、こちらです。
  E-mail yoko_c_f@ybb.ne.jp(別府葉子オフィス)
  TEL 06-6231-5656(やさかオフィス)

 スキャン_20170523

 7月29日からはサマーツアー開始です!

 2017STチラシ01

 本日の1曲はの「まぼろしの恋」です。村尾亜計実(Piano)、中村尚美(Bass)

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0