FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

民族主義との闘い 

 1番最近に読んだ本のお話です。
 「オシム 終わりなき闘い」
 1年ほど前、NHKのBS放送でオンエアされた「オシム 73歳の闘い」の取材内容をベースに書籍化されたドキュメンタリーものです。

 o02.jpg

 筆者は木村元彦さんです。
 この方、オシムさんに関する本を何冊も出されていますが、それにとどまらず、旧ユーゴスラビアに関する本を何冊か書かれていて、その中でユーゴスラビア三部作と呼ばれているのが、こちら。

 1425781543969.jpg

 「悪者見参」「誇り」「オシムの言葉」
 前2者はセルビアの英雄ピクシーこと、ドラガン・ストイコビッチの軌跡を辿りながら、ユーゴスラビアの悲劇を描いた作品です。
 多民族国家ユーゴスラビアの崩壊は1990年ころから形を伴って現れ始め、各地で民族間の武力衝突が始まります。
 オシムさんの故郷ボスニアの首都サラエボが、セルビアを中心としたユーゴ人民軍によって包囲されたサラエボ包囲戦が起こったのもこの頃です。

 内戦が終わって20年が経過しても、民族間の憎悪と不信は残ります。
 ボスニアでは、サッカー協会も、ムスリム、セルビア、クロアチアそれぞれの民族出身の3人の会長が存在していて、これを1人に統一することが出来ません。ボスニアは、そこをFIFAに咎められて、国際試合への参加資格をはく奪されてしまいます。
 「オシム 終わりなき闘い」は、その状況に立ち向かっていくオシムさんの姿を追い続けます。
 各民族の代表者たちと会い、説得し、サッカー協会の会長を1本化し、FIFAに処分を撤回させることに成功し、さらに、その後も、サッカーを通じて、民族の垣根を超え、ボスニアを1つにまとめるような、誇りと希望の拠り所を求める、いつ果てるともない闘いを続けるオシムさんです。

 1425781574183.jpg

 ブラジルワールドカップ、ヨーロッパ予選、ボスニアがブラジル行きをかけて戦うことになった最終戦、世界の各地からボスニアサポーターが集まります。
 内戦によって、家を失い、家族を失い、祖国を追われて難民となり、世界各地に落ち延びていった人たちが集まってきます。そこで、魂が求めて止まない祖国と、再びつながるために…



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 スプリングツアー情報です。皆様方のお越しをお待ちしております。

 15STチラシ03

 今日の1曲は「アミラとボスコ(橋の向こう側)」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 3

別府、ローレンツ先生にあう(と思ったんだけど) 

 外で用事をすませた帰り道、古本市をやっているのを、みかけました。
 テントがいくつも並んで、何軒かの古本屋さんが出店を出しています。

   MC900297545.jpg

 ちょっとのぞいて行こうかな。
 別に探している本や、集めている本があるわけではないのですが…
 何となく楽しかったりします。
 子供の頃に読んだきりの本に、久しぶりに再会するとか。
 ずっと昔に観た映画のパンフレットが売られていたりとか。
 そんな偶然があったりするかもでしょ。

 MC900295945.jpg

 今回はそういう偶然とは、ちょっと違っていたのですが、意外な本と出会いました。
 K・ローレンツ「動物行動学」
 えへへ、意外でしょ。

 学生時代に読んだ本の中に「狼よ、なげくな」という本がありました。
 ファーレイ・モウワットという小説家の書いた作品の邦訳でした。
 主人公は、たしかトナカイの生息数を激減させている犯人はオオカミではないか、という仮説を確かめるために、野生のオオカミを観察するという仕事に派遣された人物でして…
 荒野で、オオカミたちの観察を続けるうち、この動物が、いかに慎み深く、愛情に富み、気高く愛すべき存在であるか、ということに気づいていくという、なかなか感動的なお話でした。

  MC900332306.jpg

 そして別府は、この本がきっかけになって、動物の生態なんかについて研究したものなんか、結構興味をもって、いろいろ読んだわけですね。
 そんな本の中に、動物行動学の大御所ともいうべき、K・ローレンツ先生の著作も含まれていて、たしか「人、イヌにあう」を読んだ(ような気がする)んですよ(笑)

   hito.jpg

 でもこの著名なノーベル賞受賞学者の著作は、ハードカバーの立派な(値段の高い)本が割合多くて、そういった本は縁がなかったんですよね。お金がなくて(笑)
 なのに、古本市では、K・ローレンツ「動物行動学」上下2巻組が、「どれでも3冊500円」と書かれた棚に並んでいる。
 長年待ったカイがありました。ちゃーんす!

 MC900228101.jpg

 もう1冊選んでから店番の方に、「これ500円ですね」と3冊の本を差し出しました。
 「…すいません。3冊500円は、あそこの隣の棚までなんです。こちらの本は、このお値段(4000円)になります」
 触れ合ったとみえた別府とローレンツ先生との縁、こうして、また途切れたのでした。とほほ



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「ばら色の人生」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 5

「東京は・なぜ・のはなし」? 

 最近、飽きっぽくなったのかな?と思っているのですが…
 本の読み方が、ちょっと変なのです。
 以前は、1冊の本を読み始めると、それを読み終えてから、次の本へと移っていっていたのです。まあ、普通ですよね。
 最近、読んでる本を、ちょっと横に置いておいて、次の本を読み始めたりするんですよね。そして新しく読み始めた本も、また横に置いてと…

   MC900437990.jpg

 例えば、1ヶ月位前から読み始めた本がこちらです。

 DSC_4110.jpg

 川端康成の「東京の人」
 このお話、すこし昼の帯ドラマみたいなテイストがあって、ちょっとドキドキします。
 昼の帯ドラマというと、菊池寛原作の「真珠夫人」好きだったな。「ぞんがい帰りが遅いんですよの」なんてね。関係ないけど…
 さらにどうでもいいですけど、「東京の人」って、本当は梶山季之が代作してたんですってね。ノーベル賞作家でも、そういうのあるんですね。う~む
 この「東京の人」わりと長くて、文庫版で3分冊になっているから、すぐ読み終わるってもんでもないんですけど、それにしても1ヶ月経って、まだ2冊目の始めの方ですからねぇ…

 なんで読み終わらないかというと、途中から、こちらも読み始めたから。

 DSC_4105.jpg

 「ジャパンはなぜ負けるのか」
 この作品、経済学者とジャーナリストが、サッカーを統計学的に分析した読み物なのですが、とにかく興味深い内容なのです。
 実は、別府、2010年南アワールド杯が終わった後、この本を読んで(発刊がそのころなのです)、面白さの余り、このブログでも紹介したのですが、4年後の今、再び手に取ってしまいました。
 この本、例えば、サッカーの世界はヨーロッパ対南米ではなく、実は、もう数十年も前から西ヨーロッパへの一極集中が進んでいることを指摘していて、しかも、なぜそうなったかの理由も明快に指摘してあります。
 今大会、ブラジルが、ドイツ、オランダに大敗し、さらに南米で開催されたワールド杯で初めてヨーロッパのチームが優勝という結果になったこと、この本の指摘が、さらに現実の形になって表れている感じですよね。

 こんな面白い本を、なんで読み終わらないかというと、途中から、こちらも読み始めたから。

 DSC_4107.jpg

 「さだのはなし」
 さだまさしさんのステージトークが長い!ということは知る人ぞ知る事実なのですが。
 そのステージトーク集が本になっちゃってます。
 爆笑もので面白いです。
 別府は、さださんは、日本で最も表現力豊かな歌手(最も上手い歌手とほぼ同義ですが)の1人だと思いますが、話芸にも格別の才能をお持ちのようです。

 今夜は、眠りに入る前の、ベッドの中のひとときの読書タイム、どの本を読みますかね。

 MC900358911.jpg

 別の本、読んでたりして…


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「ジジ・ラモローゾ」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 9

運命の人 別府にもいるわけですが(もじもじ) 意味がちがうか(笑) 

 ベッドの中で眠りに落ちるまでのひととき、読書タァーイム!
 このところ読んでいるのはジェフリー・アーチャーの「ロスノフスキ家の娘」です。

 DSC_3598.jpg

 ジェフリー・アーチャー、この方、なんだか変わった人で、もともとイギリスの政治家らしいのですが、失職した後、小説を書いて世界的なベストセラーになったり、政界に復帰したと思ったら、刑事罰を受けて刑務所に入ったりと、相当、波乱万丈な人生を生きていらっしゃるみたいです。
 この方の小説家としての代表作はいろいろあるみたいなのですが、別府が読んだことがあるのは「ケインとアベル」という作品です。
 旧約聖書に登場する兄弟の逸話にちなんだ題名をもつ、この小説は、20世紀初頭、同じ日にポーランドとアメリカに生まれた、およそ境遇の異なる2人の男の子が成長し、それぞれ世界的なホテル王、アメリカ屈指の大銀行の頭取となる道を歩みながら、運命の糸に操られるように巡り合い、やがて宿敵として血みどろの争いを繰り広げていくというお話なのです(なんでも古いビデオ版もあるらしい!見たことないけど)

 MC900355803.jpg

 「ロスノフスキ家の娘」実は、この「ケインとアベル」の続編なのですが、一風変わっているのは、この続編、前半の半分は正編の後半と、時代、舞台、登場人物、ぜんぶが重なっているところです。
 正編で、ホテル王アベル・ロスノフスキの愛娘として登場していたフロレンティナ・ロスノフスキが、続編では物語の主人公として登場して、同じストーリーが、エピソードを付け加えながら、逆の視点から描かれているのです。

   MC900391006.jpg

 よく知っている、お馴染みの人たちが、小説になったのを読んでいるみたいな(ホントはもともと小説なんだけど)(笑)、ワクワクするような楽しみがあります。
 それにね、この「ロスノフスキ家の娘」、ストーリーが成熟していて面白い上に、登場人物の人物設定が明確で、分かりやすい、はっきり言っちゃうと、なんか少女マンガっぽいテイストがあったりします。

    MC900416180.jpg

 あ~ん、やめられない

 家庭教師ミス・トレットゴールドは、フロレンティナが、通っている良家の子女のための学校で「まぬけなポーランド人」とからかわれたことについて、それに激怒して娘を別の学校に転校させようとする、フロレンティナの父親アベルを説得します。
 彼女がポーランド人であることをからかう人々に、無知ではなく知識によって対抗させるべきです。あなた自身が、彼女に、なぜポーランドが偉大な国なのか、その歴史を、毎日教えてあげるのです。

    MC900015865.jpg

 ミス・トレットゴールドに深い敬意を払うようになったアベルから、身の上について問われて、彼女は答えます。
 父がいつだったか私に言いました。お前は教師たるべくして生まれた人間だ。それが神の定めだ。いつかどこかで運命の人を教えることになるだろうと。

 はい、もちろんフロレンティナが「運命の人」ですね。
 どんな運命なのかは、これから分かってきます。わくわく…


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「巴里祭 ~パリの街のあちらこちらで」です。冒頭、桃ちゃん(会田桃子さん)の美しいヴァイオリンの調べをたっぷりとお楽しみくださいませ。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 11

プティ・パパ・ノエル …そして続・列車に御用心 

 気ぜわしい年の瀬に年内に終わらせないといけない仕事に追われていて、ふと気がつくと、知らない間にクリスマスが終わってたりして…
 サンタクロースが来てくれると思っていたのは、いくつくらいまでだったかなぁ。
 けっこう大きくなるまで信じてました。

     MC900418946[1]

 というわけで、今日はいささかタイミングを逃してしまった感はぬぐえませんが、クリスマスの歌を1曲。
 「プティ・パパ・ノエル“Petit papa Noël”」です。
 プティ・パパ・ノエルとは、フランス語で、クリスマスのおじさん、つまりサンタさんのことです。
 フランスでもっともポピュラーなクリスマスソングと言ってよいと思います。

 

 ところで、前回の記事に書いたミステリ短編集「列車に御用心」の中の「苦悩するハンブルビー」のオチが分からないという話ですが…
 どうしても気になるので、追記の方に、別府の解釈を書きます。
 これはちょっと違うんじゃないかという方いらっしゃいましたら、コソッと教えてください。
 今回の「追記」開けていいのは、絶対、次の方のみですよ。ズバリ「ネタバレ」(あるいは間違った「ネタバレ」)ですから。
 1 すでに「苦悩するハンブルビー」を読んでいる方。
 2 「苦悩するハンブルビー」は読んでないが、読む前にミステリの結末を教えられても全然平気だという、ちょっと変わった人。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。
-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: 8