02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

自分でうっとり聴きいってしまった(笑) 

 先月、東京で行ったレコーディングですが…
 完成した音源が手元に届きました。
 おー、どんどんどん、ぱふぱふ
 テンションあがります。よし、一杯いくか!

 1445956908900.jpg

 すいません、間違えました。

 ところで肝心の音源ですが…
 すごくいい感じに仕上がってます。
 おー、どんどんどん、ぱふぱふ
 よし、一杯… いや、だからそれはもういいから。

   ojigi_animal_neko-(1).jpg

 失礼しました。

 来月上旬にジャケット用の写真を撮影します。
 鶴ちゃん、尚美ちゃんも一緒です。

 1486291906443_201703201740333c6.jpg

 カメラマンは、ご縁があって、はじめて撮っていただく方なのですが、こちらも女性の方です。なぜかお仕事で女性と縁のふかい別府なのでした。

 アルバムは4月中旬に発売予定です。
 そして今年の夏は、レコ発ツアーとなります。
 レコ発、つまり「こんなアルバム作りましたー、よかったら買ってくださーい」ライブツアー。

 1454841135278_201703201740303df.jpg

 7月29日(土)の大阪が皮きりとなります。

 1472344155728.jpg

 9月1日(金)の東京コンサートで打ち上げ。
 全部で10か所くらい回る予定(現在調整中)です。

 14199573_1126246947413115_1.jpg

 よろしくお願いします!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「夏物語(ミスター・サマータイム)」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

ハイレゾ音源配信決定しております 

 東京でのレコーディングのお話の続きです。
 2日目は、日本のタンゴクイーン、会田桃子ちゃんも合流して「別府葉子トリオ+1」カルテットにてレコーディングです。

 SnapShot(112).jpg

 この日は、前日、私たちを悩ませた「ヘッドホン謎のタイムラグ」現象はピタリと治まって、レコーディングは順調に進みます。
 別府が、どんな感じの演奏にしたいか概要を説明し、皆自分のパートでの疑問点をそれぞれに挙げるのを、言葉で説明した上で、実際に合わせてみて確認です。全員が納得したところで、本番行きます、気合を入れた演奏でワンテイクでOK!そんな感じで進行していたのですが…
 この日、トラブルを抱えていたのは、この人。

 SnapShot(1893).jpg

 鶴ちゃんのヘッドホンが落ちる。
 鶴ちゃんの頭の格好のせいなのか、ヘッドホンとの相性が悪いのか、演奏に熱中して、つい頭をふったりすると、ヘッドホンがガシャン!と落ちる。
 あんまり何度も落ちるので、最後には、音響さんから「今度は大丈夫ですよね」と確認されたり、「ヘッドホンの上から帽子をかぶったらどうでしょうか」とか言われちゃって(笑)
 さあ、本番がスタート。
 全員の集中力が高まり、ノリノリ状態に至り、やがて最高の演奏だと皆が確信しつつ、エンディングを迎えた、そのとき…

 猫ホン

 鶴「ひィー、ご、ごめん(泣)」
 その他全員「おまえなー(怒)」
 そんなこともありつつも、それでもレコーディング、最後は納得の出来栄えで終了です。

 16804882_1282736555097486_6.jpg

 皆で記念撮影をパチリ。
 その後は皆でガヤガヤと食事に出かけました。

 CA390575.jpg

 なぜか街路樹に抱きつきながら満足気な鶴ちゃんでした。
 今回のアルバム、別府にとって6枚目となりますが、今年の4月に発売予定です。
 CDアルバムとしてamazonにて販売いたしますが…
 同時にハイレゾ音源として、SonyMora、e-onkyo、VICTOR STUDIOといったメジャー配信各社からも販売されます。イエーィ

 muisc_hi-res_audio.jpg

 ハイレゾ音源というのは、これまでのCD音源を超える超高音質の音源です。
 インターネット環境からダウンロードできます。
 今回のCDアルバムをお求めいただくと、ハイレゾ音源もダウンロードしていただくことが出来ます。発売前には、またご案内しますね!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲はオリジナル曲「6月の雨」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

別府、レコーディングへ 

 今回、東京でしばらく滞在していたのはライブの他にアルバム制作のためのレコーディングを行ったからでした。
 ライブ前の2日間、向かったのは神楽坂にある「The Glee」でございます。

 CA390573.jpg

 はい、こちらは一昨年の暮れ、だから1年とちょっと前、別府がライブを行った会場ですよ。
 そのとき素晴らしい音響環境が感動的だった会場でした。

 aSnapShot(323)_20170223230715fb2.jpg

 今回、レコーディング会場として、その「The Glee」を選んだのは、音響が素晴らしかったことと同時に、ライブをした際、支配人の方から、ハイレゾ音源でライブ録音もできるので是非と、熱心に言って下さっていたのを思い出したからでした。

  hirameki_woman.jpg

 今回のレコーディングのスタイルは、非公開のライブ録音でした。
 通常のレコーディングの場合、演奏者はそれぞれ別のブースに入って、他のプレーヤーの演奏をヘッドホンで聴きながら演奏します。
 つまり皆の演奏は別々の音源となって録音されて、それをミックスさせることで曲として完成させるわけです。だから自分の演奏の中に、気に入らない箇所があったりすると、そこだけもう1回演奏して、元のテイクとつないでもらうなんてことも出来るのですが(ほかの人の演奏を再生してもらって、それを聴きながら自分だけ演奏するわけ)…
 ところが「ライブ録音」は、全員が「せーの」で演奏するものを、いわば初めからミックスされた状態の曲を、生で録音してもらうわけです。だから誰かがミスするとオジャンなのですよ。

 CA390567.jpg

 レコ―ディング1日目に持ち上がったトラブルは「謎のタイムラグ」でした。
 ライブ録音でも(一般公開のライブの録音ではないので)皆ヘッドホンで他のプレーヤーの音を聴きながら演奏するのですが…
ヘッドホンから戻ってくる音に謎のタイムラグが!
 結果、皆の演奏がずれる。あり得ない!
 音響スタッフも、およそ出くわしたことのない謎の現象に戸惑います。

 CA390568.jpg

 結局、皆、一カ所にギューッと集まって互いの生音を聴きながらの演奏です。
 上の写真がその様子です。
 そんな1日目が終わり…
 2日目にはどんなことが?
 (次回につづく)



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「私の心はヴァイオリン」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

ライブ盤アルバムのこと 

 こんどの週末には大阪(2月4日)、名古屋(2月5日)でライブ。
 というわけで、ちょこっとプレッシャーを感じつつも、うきうき気分の別府です。
 そんなライブ好きな別府が初めて出したライブアルバムがこの1枚でした。

 71v.jpg

 「別府葉子コンサート ~ Beppu 元気です」
 通算4枚目のアルバムになります。
 2011年に行なった大阪でのライブを収録したんですけど、発売までに、いろいろ事情があって2~3年かかったんですよ、たしか。

 SnapShot(89)_20170129181000f88.jpg

 別府がライブに行けないところにお住いの方から、実際のライブには行けないので、せめてライブ盤をというリクエストをいただいたりしていたので、発売できたときには、ちょっとホッとしたところもありました。

 mapJ03.jpg

 (久々登場、「別府ライブやったことあります日本地図」です。まだまだ白塗りのままの県が多いのです)

 SnapShot(122)_201701291810018f6.jpg

 ライブ収録のときは、音響スタッフの皆さんが会場内の生音を拾うために、いろいろ機材をセットしてくれていて、そういうの初めてだった別府には物珍しかったのを覚えています。

     1922_20170129180948068.jpg

 収録曲のラインナップは、このようになっております。

 71.jpg

 あ、トニオとか入ってたんだ、とか自分で思ってしまった(笑)
 最近しばらく歌ってないなー
 ドルオーも入ってますね。
 直訳すると競売場という意味の題名なんですが…
 日本では「貴婦人」という題のシャンソンで歌われることが多いのですが、別府が原曲に抱いているイメージからは違和感があったので、その辺り、こだわりを持って歌っている1曲です。

 71xRZ.jpg

 あー、またライブ盤、作りたくなってきたー



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 2017 新春ミニツアーは、2月4日(土)大阪、2月5日(日)名古屋、2月18日(土)東京です。
 おいでませ~

 2017WTチラシA403

 本日の1曲は「三つの小さな音符」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

「スケッチブック 海辺の祈り ~ パリの街角」 

 今日は、別府の3枚目のアルバムのことをお話します。
 「スケッチブック 海辺の祈り ~ パリの街角」です。
 2枚目のアルバムにあまり人気がなかったことを踏まえて、この3枚目は少し方針を変更しました。
 別府自身が好きで、自分らしいと感じられる曲を選ぶ一方で、有名な曲、シャンソンとしてよく歌われる曲も入れて、その上で全体の雰囲気が暗いイメージにならないようにしたわけです。

 71vR88sWrY_SL1100_.jpg

 有名な曲としては「花の季節(悲しき天使)」「リリー・マルレーヌ」「いつも何度でも」「歌い続けて」などが入っていて、他方で「塔の囚人」「よこしまな祈り」「ウイスキーウイスキー」といった民謡の色合いを帯びたような別府好みの曲も選んでいるわけです。

 71hNFlSGdr_SL1102_.jpg

 「塔の囚人」はメロディアスな曲で、スタジオ録音を活かした別府の1人ハモリで、美しい旋律を楽しんでいただくようになっております。
 この曲を別府とハモってくれる人を探すのは大変だと思うので、ライブでやることはないと思います。アルバムならではの曲です(笑)

 066073699.jpg

 「ジュ・ヴー わたしの好きなもの」は2010年に発表され、新星ザーズをたちまち世界的な歌手にしてしまった曲ですね。
 別府は、多分この曲にはじめて日本語訳詞を付けて歌った人ですが、試行錯誤の結果、どうしてもフランス語の方が自然に歌えることに気づいたので、日本語バージョンは、やはり、このアルバムでしか聞けないものとなってしまっております(笑)

 0112077049.jpg

 ちょっとしたお勧めは「小さなダンスホール」です。
 今はもうなくなってしまったけれど、焼け野原の中に最初にポツンと灯をともすように現れたダンスホールの思い出を描いたノスタルジックな曲です。
 いい曲だし、このアルバムを聴いて下さった方の中で、印象に残った曲として、この曲を挙げてくださる方が少なくないのですが、ライブでは、あんまり受けない。
 謎ですね~

 4207695805_80a71d3969.jpg

 「夢のあと」はアルバムに初めて入れた別府の作詞作曲した曲です。
 東京で初めてソロコンサートを開けるようになったとき、感謝をこめて作った思い出の曲です。

 SnapShot(42)_20170109183609ded.jpg

 このCDアルバムもAmazon にてお求めいただけますので、見てみようと思って下さった方は、こちらからどうぞ。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 2017 新春ミニツアーは、2月4日(土)大阪、2月5日(日)名古屋、2月18日(土)東京です。
 おいでませ~

 2017WTチラシA403

 本日の1曲はオリジナル曲「夢のあと」です。人呼んで「ありがとうの曲」でございます。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1