09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

楽しきかな、淡く長きお付き合い 

 このブログを始めまして、はや7年も経ちました。
 よく続いているなーと自分でも感心しています。
 実は、ブログを続ける動機づけの1つに、ブログを通じて知っている方がライブに来てくださるというのが、あります。

 _DSC4197.jpg

 互いの足跡が、それぞれのブログの訪問記録に残っているというだけの、そこはかとなき交流とでも申しましょうか、そういう方がひょっこり訪ねてくださったりします。
 ライブの後で、お客様をお見送りしていると、「わたし、○○○ブログの××です」「え、…あ、あああ、え~(笑)」なんてね(もうちょっと、大人として、ちゃんと対応できないものかと自分でも思うけど)。

   aisatsu_arigatou.png

 嬉しいものです。ふるい知り合いがひょっこり訪ねてくれたみたいな感じでしょうか。

 _DSC4251.jpg

 そしてさらに言うと、ライブの最中から、お客様の中で、この方はブログ関係じゃないかしらなんて感じることも、結構あるのです。
 ステージからお客様のお顔は割りとよく見えます。大きな会場でも結構、あ、あそこに友達がいるぞ、なんて分かるものでして、まして小ぶりのライブスポットだとね。

  gi01a201503180800.jpg

 ご夫婦らしいお2人連れで、うんうんと頷きながら聴いていらっしゃるとか、お1人で、こういうとこはあんまり慣れてなくてという雰囲気で、所在なさげなご様子の方とか、お友達と2人連れで、リズムを取りながら、プログラムを手にささやき合っていらっしゃる方々、う~む、あやしいブロ友の方?とかね(笑)

 DSC07700.jpg

 この前の滋賀ライブでは、ブログテーマをご自身の本として出版されているブロ友の方から、謹呈本をいただいたりして、感激もひとしおでした。

 DSC_1565_3.jpg

 どうぞ皆様、ライブ会場にては、お気軽にお声をおかけくださいませ。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 7月10日(月)は、ホテルモントレ京都のレストラン「エスカーレ」にて、ランチショー&ディナーショーです。

 170710monte01.jpg

 7月14日(金)18:30~は、神戸文化ホール・中ホール「シャンソンの夕べ」に出演します。
 チケットのお申し込みは、こちらです。
  E-mail yoko_c_f@ybb.ne.jp(別府葉子オフィス)
  TEL 06-6231-5656(やさかオフィス)

 スキャン_20170523

 7月29日からはサマーツアー開始です!

 2017STチラシ01

 本日の1曲は「夏物語」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 3

別府葉子トリオ(ときどきプラスワン) 

 今の別府は、別府葉子トリオ(ときにプラスワン)の活動を自分の音楽活動の中心にすえていますが…

 napShot(1132).jpg

 たまに言われることがあります。
 女性だけのバンド構成というのは、なかなか面白い狙いですね、といったことを。
 ええ、まあと笑いながら、あいまいに受け流してしまいますが、ちょっと戸惑ってしまいます。
 だって別に、女性だけのバンドを作ろうとか思って作ったわけじゃないから。

     MC900423828_2017031813492460d.jpg

 ずっと音楽をやってきて、この人が必要だと互いに認め合った者同士が手を組んだら、それがたまたま、みな女性だったというだけなのです、ホントのところ。

 16804882_1282736555097486_6_2017031813492054d.jpg

 それまでは先輩にあたるピアニストに力を借りてステージを作ってきたけれど、曲に対するイメージの違いなんかに限界を感じて、やっぱり歌う曲は1から自分でアレンジしていきたいなと思ったとき、必要だと感じたパートナーは、古い相棒にして、別府のことを1番理解している鶴ちゃん(鶴岡雅子ちゃん)でした。

 napShot(36).jpg

 ピアニストは、ぐいぐい周りを引っ張っていくタイプの人が多いけど、鶴ちゃんは少し違う。周囲を生かしながらアンサンブルを作れる人なのです。音楽的には個性の強い面々の中で、バラバラになりかねない皆の音を支えてまとめ上げる、と言えばいいでしょうか。
 そしてライブに来た人たちが誰でも知っている、あの笑顔は彼女の強力な武器でしょう。

 a(201).jpg

 尚美ちゃん(中村尚美ちゃん)とは、数年前にレコーディングの際に初めて出会いました。
 そのときにすぐに惚れ込んだわけです。形になろうとしてウズウズしている別府のイメージの中にしかなかった音を、別府の言葉を聞いただけで形にしてしまえる人。
 しかも最初のイメージよりもっと色を付け足して。

 a(205).jpg

 プラスワンこと桃ちゃん(会田桃子ちゃん)との出会いも衝撃的でしたね。
 バイオリンって、こんな音が出るんだと度肝を抜かれた感じでした。
 すぐに考えました。
 この音を使えば、どんなことができるかしら、ふふふと。

 8s79_2017031813491900b.jpg

 それぞれが、別府の何を必要と思ったのかは知りませんが、別府を認めてくれていることは分かりました。こうして自然に1つの  ユニットとして形作られて動き始めたのが、別府葉子トリオ(プラスワン)です。
 今年の夏も、このユニットでのツアーとなります。
 ご期待ください!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「群衆」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

ベーシスト中村尚美! 

 前回記事の続きです。
 鶴ちゃんと一緒に新世界を訪れた後、私たちが向かったのはこちらでした。

 1488792522436.jpg

 大阪は日本橋にある国立文楽劇場です。
 この日の演目は「エディット・ピアフ物語」

 20170223141144001.jpg

 「勘緑人形、講談、シャンソン、フレンチジャズ、奇跡のコラボレーション」でございます。
 入口にて記念撮影。

 1488792489809.jpg

 イエーイ!
 そして、私たちがここに来た1番のお目当ては、この人。

 napShot(1108).jpg

 われら別府葉子女子会トリオのベーシスト中村尚美ちゃん、その人が出演することでありました。
 尚美ちゃんがもともとやっているのは、フランスではジャズ・マヌーシュと呼ばれる、ジプシー音楽とスウィング・ジャズを融合させた音楽なのです。

 1488792005435.jpg

 つまり演目で「奇跡のコラボ」と称されている中のフレンチジャズが彼女の担当部門でございます。
 1階のロビーはすごい人波でした。
 ひえ~と驚きつつ待つこと20分あまりで入場開始。
 2階にある800席近いホールはぎっしり満員でした!

 1488792420268.jpg

 開演前、ホール前のロビーでは文楽人形がお客様をお出迎えです。
 そして午後4時半すぎに、いよいよ開演。
 舞台上手(客席から見て右側)に尚美ちゃんをはじめ数人のミュージシャンたちが演壇に陣取って自在な音楽を奏で、他方、舞台下手の演台からは講談師・玉田 玉秀斎さんが情感豊かなお声で朗々と物語を語ります。
 そしてステージ中央で、勘緑さん率いる木偶舎の面々が操る人形たちがピアフの生涯を演じ、節目ごとに登場するZaZa(ザザ)さん(別府とZaZaさん出会いの記事はこちらです)が数々のシャンソンを歌いあげます。

 1488792172583.jpg

 途中休憩も入れて2時間半足らずの濃密な舞台は、万雷の拍手とともに終了しました。ブラボー
 隣に座った鶴ちゃんは感涙にひたっておりました。
 奇跡のコラボのポテンシャルの高さに脱帽です。
 さらに熟成を重ねていくはずの今後の展開にも大注目ですよ!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「愛の讃歌」です。もちろんベーシストは中村尚美。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 3

鶴ちゃんと大阪を歩く 

昨日はお昼前からこちらにお出かけです。

 p_chuogate_01.jpg

 新幹線「新大阪駅」です。
 この人をお迎えにね。

 napShot(1893).jpg

 今回は仕事じゃなくて…
 大阪に遊びに来た鶴ちゃんでした。
 お腹が空いているとのことで、鶴ちゃんのリクエストにより、やって来たのがこちらでございます。

 CA390583.jpg

 昭和町のボストンというハンバーグのお店。
 鶴ちゃんが師匠とよび、敬愛してやまないピアニストの工藤隆さんが、よく行かれるお店なんだそうです。

 CA390585.jpg

 アツアツをいただきます。
 ふうう、食べたよ~
 さて、これから、どこに行く?

 CA390587.jpg

 大阪なんで、まず通天閣に昇ってから、新世界あたりでディープな大阪を探ってみますかということになりました。

 CA390588.jpg

 通天閣が、パリの凱旋門とエッフェル塔を模して造られたというのは知る人ぞ知る事実でして。この通天閣を中心に放射線状に伸びる道も、パリの凱旋門周辺をイメージしております(ホント)。

 通天閣に昇るには40分待ちだったので断念して、新世界をぶらぶらします。

 CA390589.jpg

 うそつきは噛まれますが、鶴ちゃんは大丈夫みたい(笑)

 CA390591.jpg

 さらに「よう似とる」なんて言いながら、ビリケンさんと一緒に記念撮影でございます。ご満悦~
 そして、その後、2人は日本橋に向かいます。

 1488792148381.jpg

 この日のメインイベントでございます。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「コーヒーカラー」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

友情は楽しきかな 

 別府のライブを「やるときは声かけてね~」と言ってくれる友人が何人かいます。
 サボり隊のFちゃんはそんな友人の1人です。
 (注:「サボり隊」とは真面目に働いたら、たまには世の中が忙しく働いているときにサボって遊びに行くことを目指す同行の士の集いです。その活動は、このブログでたまに取り上げられるのです。)
 こんなとこ行ったり…

 47s80_20160626183851dc2.jpg

 こんなとこ行ったりします

 DSC_4331_201606261838546a5.jpg

 今年の夏のミニツアーについても、Fちゃんにメールで知らせておいたんだけど、返事がぜんぜんなかったので、出張とかかな?って思っていました。
 Fちゃんの仕事は、大雑把に言うと調査とか分析といった範疇に属するんですけど、その対象が、アウトフィールドにあって、アジアの密林に踏み込んだり、ヨーロッパの北の海の果てに行ったりします。
 相当タフな女子なのですよ。

 429-1221114544fCnW.jpg

 そうこうするうち、しばらく前に彼女から連絡があって、ごめんごめん、出張行ってたよーとのことでした。
 「水面まで生い茂った樹の枝をかき分けながら小舟でアマゾンの奥地に入っていって、謎の巨大猿とか探してないよね?」と冗談で聞いたのですが。
 Fちゃん、「アマゾンは行ってないよ」と答えつつ…
 「生い茂った樹の枝をかき分けて小舟でジャングルの奥地には行くよ。」

 jungle-1340466209nfD.jpg

 「ワニとか住んでるところで、イリエワニっていうデカい奴なんだけど
 出合ったときは『祈れ!』って言われてる。」

     lgi01a201406130800.jpg
      © Vector Open Stock 

 ひえええ、Fちゃん、ハードボイルド過ぎやぁ



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の夏のミニツアーは、大阪、名古屋、東京、甲府と周ります。大阪(Lコード54591)、東京(Lコード71912)はローソンチケットにて発売中。

 2016Stourチラシ02
 (クリックで拡大します)

 あと7月31日(日)、高松で和みな感じで歌います。

 20160731arik_2016062618544335d.jpg
 上のちらしをクリックすると、ご案内リンクが開きます。

 今日の1曲は「花の季節」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0