02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

自前のPAシステム持たない派 

 PAという言葉にどんなイメージをお持ちでしょうか。
 “Public Address”の頭文字なんですけど、直訳しちゃうと「公共の …住所」?
 あはは、こちらの方が、意味が全然分らなくなってるし。

   dog05_201703282320239fe.jpg

 はい、PA、いわゆる音響のことですね。一般には、アンプ、スピーカー、マイク、ミキサー等々の総称で、音響のスタッフ(オペレータ)の方をそう呼ぶこともあるわけですが…

 job_pa_mixer.jpg

 ご自分でライブ活動などなさる方なら、よくご存じでしょうが、このPAシステムがないとコンサートは、まず成立しません(ただしクラシック演奏は別です。だってPAの存在しない時代から存在している音楽ですから)。

 c1486375097183.jpg

 だからライブハウスには大抵、PAシステムが存在していて、お店の方が操作してくださるわけです。
 リハーサルで音のバランスなんかもチェックするんだけど、本番になるとアドレナリンが出て格段に大きな音が出てしまう、なんて音響さん泣かせな例もあるわけですが(笑)

    MC900423840_20170328232036777.jpg

 でも、どこにでもPAシステムがあるわけではありません。
 たとえばホテルのバンケットルーム、司会用のマイク設備なんかはありますけど、音楽用の音響設備は、まず備わっていません。だからホテルでディナーショーなんかをやろうと思えば、外部の音響の方をお願いして、機材の搬入、設置、操作(サウンドチェック、リハーサル、本番)なんかをやっていただくわけです。

 1473482585399.jpg
 (こちらはもともと礼拝堂ですから、やっぱり PA は持ち込みです)

 その場合、自前のPAシステムを持っていて、それを持ち込むというミュージシャンもいるわけです。
 それは個々のミュージシャンの判断ですね。
 自前のPAシステムを持ち込むようにすれば活動の場は広がるかもと思いつつも、別府は持たない派です。

 SnapShot(1721).jpg

 なんでこんな話、急にしたかというとですね。
 先日、うちでやりませんかというお話をいただいたんですが…
 そちら本来クラシックコンサートを想定したスペースで、PA設備はないので持ち込んでもらえればというお話でした。
 たいそう素敵な場所だったのですが、すごく残念だったんです。
 でも、まあ無い袖はふれないしなぁ…



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「北ウイング」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

振り返る日々と、これから続く日々と 

 今週は、割とバタバタと大変な週でした。
 東京日帰りとかもありました。

 CA390595.jpg

 このときは日本訳詩家協会の総会に出席させていただくためでして…
 やっぱり興味のあることは、自分の目で見て耳で聞いておきたいじゃないですか。
 会場は代々木上原にあります

 CA390600.jpg

 「JASRAC(日本音楽著作権協会)」の会館の1室でした。
 日本訳詩家協会、まだまだこれから活動を活性化していかないといけない団体です。
 個々の訳詩家の権利の確立のために「JASRAC」と、どうかかわっていくのかという辺りも、いろいろなご意見がうかがえて興味深いことばかりの1日でした。

 CA390603.jpg

 そして今日は香川県に日帰りで行ってきました。
 こちらは個人的な要件というか、母の納骨でした。

 gf01a201502160400.jpg

 よいお天気に恵まれて、うんうん良かったです。
 母も、そして父も、別府にとっては掛けがえのない存在で、この先もいつも忘れることのない存在です。
 本当に私的な思いですが…

 大阪に帰ってきたら、もうすっかり夕方になっていました。

 CA390604.jpg

 ちょっとくたびれたし、自宅の近所のお店にて、しばししみじみと…

 1490446723584.jpg

 よ~し、明日も頑張りましょう。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「蔦がゆれる」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

ルノーブル氏 

 今日の記事は別府の新しい動画のご紹介です。
 「ルノーブル氏」
 エディット・ピアフが歌った往年のヒット曲です。

 Edith_Piaf_Vysotsky.jpg

 曲の内容はですね…
 奥さんに逃げられてしまった男性が、その面影を追いながらウツウツと過ごすうちついに、というものでして。
 暗い曲が多すぎて、どーもなー、と言われた別府マニアックワールド2ndアルバム「レーヴ」に収録されている1曲です。

 publicdomainq-0003992pof.jpg

 別府にはどうもよく理解できないのですが…
 この曲、割と男性に人気があります。
 ふっ、こんなヤツいるんだよな、と突き放す?
 自分に感情移入してみて、甘い自己憐憫にひたる?(笑)
 う~む、分からん。

 businesswoman2_think_20170323203553eb1.jpg

 音源は2月の大阪ライブより
 日本語詞は、別府の訳詞です。
 曲の最後の音は、開け放たれたガス栓からの音…
 でございます。
 それでは、どうぞ。

 



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

[edit]

trackback: -- | comment: 1

自分でうっとり聴きいってしまった(笑) 

 先月、東京で行ったレコーディングですが…
 完成した音源が手元に届きました。
 おー、どんどんどん、ぱふぱふ
 テンションあがります。よし、一杯いくか!

 1445956908900.jpg

 すいません、間違えました。

 ところで肝心の音源ですが…
 すごくいい感じに仕上がってます。
 おー、どんどんどん、ぱふぱふ
 よし、一杯… いや、だからそれはもういいから。

   ojigi_animal_neko-(1).jpg

 失礼しました。

 来月上旬にジャケット用の写真を撮影します。
 鶴ちゃん、尚美ちゃんも一緒です。

 1486291906443_201703201740333c6.jpg

 カメラマンは、ご縁があって、はじめて撮っていただく方なのですが、こちらも女性の方です。なぜかお仕事で女性と縁のふかい別府なのでした。

 アルバムは4月中旬に発売予定です。
 そして今年の夏は、レコ発ツアーとなります。
 レコ発、つまり「こんなアルバム作りましたー、よかったら買ってくださーい」ライブツアー。

 1454841135278_201703201740303df.jpg

 7月29日(土)の大阪が皮きりとなります。

 1472344155728.jpg

 9月1日(金)の東京コンサートで打ち上げ。
 全部で10か所くらい回る予定(現在調整中)です。

 14199573_1126246947413115_1.jpg

 よろしくお願いします!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「夏物語(ミスター・サマータイム)」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

別府葉子トリオ(ときどきプラスワン) 

 今の別府は、別府葉子トリオ(ときにプラスワン)の活動を自分の音楽活動の中心にすえていますが…

 napShot(1132).jpg

 たまに言われることがあります。
 女性だけのバンド構成というのは、なかなか面白い狙いですね、といったことを。
 ええ、まあと笑いながら、あいまいに受け流してしまいますが、ちょっと戸惑ってしまいます。
 だって別に、女性だけのバンドを作ろうとか思って作ったわけじゃないから。

     MC900423828_2017031813492460d.jpg

 ずっと音楽をやってきて、この人が必要だと互いに認め合った者同士が手を組んだら、それがたまたま、みな女性だったというだけなのです、ホントのところ。

 16804882_1282736555097486_6_2017031813492054d.jpg

 それまでは先輩にあたるピアニストに力を借りてステージを作ってきたけれど、曲に対するイメージの違いなんかに限界を感じて、やっぱり歌う曲は1から自分でアレンジしていきたいなと思ったとき、必要だと感じたパートナーは、古い相棒にして、別府のことを1番理解している鶴ちゃん(鶴岡雅子ちゃん)でした。

 napShot(36).jpg

 ピアニストは、ぐいぐい周りを引っ張っていくタイプの人が多いけど、鶴ちゃんは少し違う。周囲を生かしながらアンサンブルを作れる人なのです。音楽的には個性の強い面々の中で、バラバラになりかねない皆の音を支えてまとめ上げる、と言えばいいでしょうか。
 そしてライブに来た人たちが誰でも知っている、あの笑顔は彼女の強力な武器でしょう。

 a(201).jpg

 尚美ちゃん(中村尚美ちゃん)とは、数年前にレコーディングの際に初めて出会いました。
 そのときにすぐに惚れ込んだわけです。形になろうとしてウズウズしている別府のイメージの中にしかなかった音を、別府の言葉を聞いただけで形にしてしまえる人。
 しかも最初のイメージよりもっと色を付け足して。

 a(205).jpg

 プラスワンこと桃ちゃん(会田桃子ちゃん)との出会いも衝撃的でしたね。
 バイオリンって、こんな音が出るんだと度肝を抜かれた感じでした。
 すぐに考えました。
 この音を使えば、どんなことができるかしら、ふふふと。

 8s79_2017031813491900b.jpg

 それぞれが、別府の何を必要と思ったのかは知りませんが、別府を認めてくれていることは分かりました。こうして自然に1つの  ユニットとして形作られて動き始めたのが、別府葉子トリオ(プラスワン)です。
 今年の夏も、このユニットでのツアーとなります。
 ご期待ください!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「群衆」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0